HONDA MD90:再整備#11 キャリアを塗る

ホロビが進んだリアキャリアは、気泡状に浮いた塗膜ごとマイナスドライバーでコジってサビを落としていたのですが、一見塗膜がキレイな箇所もサビで下地が凸凹になっていることが判明しました。ここであまりムキになってサビを落とすと、穴が空いたりエッジがカミソリになる気配濃厚。最低限、キャリアボックスを安心して固定でき、センタースタンドをかける際の持ち手として機能すればよいので、外観は気にせず、劣化速度の遅延を主眼に作業を進めることにしました。

そこで、サビと朽ちた塗装を「ある程度」落としたところで、耐水ペーパーで全体を軽く荒らして均し、裸になったサビ部分にサビキラー塗布。

結果、墜落した科特隊機のような風合いに。

1週間後、上塗り塗料を選ばないというエポキシ系のサビ止めスプレーを塗布。

なにせ表面が凸凹しているのと裏の構造が複雑なこともあって、スプレー缶を2/3くらい使いました。基本的には二度塗りでしかないのに、重めの塗料との相乗効果で塗膜が厚いのなんの。タミヤパテを塗りたくったかのような風合いです。4日間ほど、匂いに悩まされました。

岩っぽいテキスチャー感が、チャームポイントですな。

当初、上塗りには余っていたガンメタとクリアを使うつもりでいたものの、この凸凹した表面にメタリックはヒドく残念な仕上がりになりそう。ならばいっそ、ソリッドな赤サビ色で塗ってやった方が保護色にもなって良いな、と思い立つ。

しかしながら、定番サビ色スプレーが近所のDIY屋で不思議と売られておらず、かといって他店を巡るのも面倒くさくなったので、「サビの上から塗れる」系の無難なアイボリーとしました。これまた粘っこい塗料で、3日間ほど匂いに悩まされることに。

といった具合で、どんだけ厚塗りするか!な印象は否めませんが、塗装の間隔を1週間おきとしたことも功を奏したのか、かなりシッカリとした塗膜にはなりました(そう願いたい)。サビがむき出しになっていた箇所と郵政レッドが残された箇所で、手触りが全く異なるのはご愛嬌、かな。

|MD90再整備|#1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.