DAT プレイヤーの整備

少し前から案件が重なってきておりまして、気分向上と集中力増強を目的に、学生時代にエアチェックしたカセットテープやレコードをダビングした音源を DAT プレイヤーで聴きながら作業に勤しんでおります。擬似受験勉強状態ですな。

しばらくの間、シンジくんよろしくバッテリー駆動で使っていたのですが、だいたい4時間で乾電池(単三2本)がカラになるので、いまどき余りエコでない。そんな時、思い出したのが、結線しても動かなくて長らく放置されていた AC アダプターの存在。昨日のパソコン整備での接点復活剤の成功体験からして、ひょっとして、もしかして。

そして、もしかしました。見事、復旧です。接点復活剤、えらいな。褒めてつかわす。

ちなみに、このプレイヤー(SONY WMD-DT1)は、1993年か1994年に購入したもの。コイツに先んじて購入した DAT デッキ(SONY DTC-690)はとっくに壊れているので、もはやライブラリを増やす事はできません。純粋に、再生に専念するのみ。

フィルムカメラ同様、気分次第で掘り起こしては動作確認しているようなところもあるのですが、じき30年ですもの。コイツも果たして、いつまで持つことやら。

「DAT プレイヤーの整備」への2件のフィードバック

  1. 大分ご無沙汰しています。
    学生時代にエアチェックしたカセットテープやレコードをダビングした音源を DAT プレイヤーで聴きながら、というのがらしいな。久しぶりに連絡取れるかな?忙しそうだが。

    1. 情報が少なすぎて、誰だか判断しかねています。ここしばらくパーソナルな連絡先は変わっていませんので、ソチラへご連絡ください。

コメントは受け付けていません。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.