AXIS Treet:納車後補修#4 フレームのサビ退治

ミラー・アームのサビ処理が終わり、続いてフレーム周りのサビ退治を行うことにしました。

フロントとサイドのカウルを外し、部分的に洗浄しつつ状態を確認。って、基本、だいたいサビてたんですけどね(笑)。真鍮ブラシや耐水ペーパー(#600)で浮きサビを払い、シリコンオフを吹いて汚れを拭う。

してからに、黒サビへの転換を期待して50%程度に薄めたサビキラー Pro(シルバー)で手の届く範囲のサビというサビを塗り潰す。乾燥後、ほんの少し希釈したもので塗り重ね。そして一晩乾燥。

部屋に戻り、カウル固定用のネジ類のサビ除去に当たる。まずは、インジェクション車だけに無用の長物となってしまったキャブクリーナーの在庫消化を兼ねて、漬け込み洗浄。のち、サビキラー Proを筆塗りし、乾燥後にネジ頭だけサビキラーカラー 艶消し黒で上塗り。

翌日、車両に戻ってサビキラーカラー艶消し黒を筆塗り。ただし、どうせ靴底で塗装が削られていくキックペダルとカウルに隠れて目に触れない範囲は(無精して)シルバーのまま。

最近までサビキラーがカラー展開していたことを知らず、今回初めて艶消し黒を使ってみたのですけど、明るいところで見ると真っ黒というよりチャコールグレーな感じですね。ダイハツ・ネイキッドのエンジンルームの塗装に利用した油性塗料を使わなかったのは、どうしてもバイク相手だとチマチマとした作業になるので、そこでさらに塗料の揮発に気を取られたくなかったから。水性塗料の耐久性がどうなのかは、これから検分、と。

塗料の乾燥を待つ間、未塗装プラにダッシュボード用の艶出し剤を塗り込み、ゴム製品にはラバープロテクタントを塗り込み、配線カプラに接点復活剤を噴霧し、やや死んだ魚の目の様になりつつあったヘッドライト・レンズをピカールで軽く研磨。塗料がおおよそ乾燥したら、カウルを車体に取り付けワックスがけ。してからに、摺動部をオイルアップして、一連の作業、完了。

車両からサビ色が失せ、ほぼ灰色していた未塗装プラ部が黒っぽく変わったおかげで、随分キリリと引き締まって見えましたよ、と。

で、あとは足回りの世話が残っている感じです。

|AXIS Treet:購入, 納車後補修 #1, #2, #3, #4|

AXIS Treet:納車後補修#3 ミラー・アームのサビ退治

沖縄の安価な中古バイクの例に洩れず AXIS Treet もサビ多めの車両でした。

過去、長年に渡り MD90 を舞台に繰り広げられたサビとの闘いで学んだのは、1)中古車両は入手した時点=状態が最良の時点で処置しておくこと、2)サビ汁が下に流れて侵食範囲を広げぬよう上部のサビから封ずること、3)どーせまた錆びるので根を詰めすぎずテキトーに付き合うことの3点。

ということで、まずは最上部のサビ、即ちミラーのサビをテキトーに始末してやることにしました。

車体から外したミラーをチラシの上に置いただけだというのに、ボロボロと剥がれ落ちるサビ…。

最初、布ヤスリ(#400)でヤスっていたものの埒が明かず、インパクトレンチを持ち出す。

電動工具でのサビ落しは、加減を間違うと削り過ぎる場合があるので余り好まないのですが、今回は相手が無垢の金属棒ですもの。ここは遠慮なしに、いや、実際にはおずおず遠慮がちにブラシを当てましたですハイ。

ある程度サビを落としたところで、耐水ペーパー(#600)にスイッチ。かなり根深いサビだったので、全除去は諦め。サビ膨れがなくなり、表面に均等なツヤが出てきたあたりで研磨終了。

サビキラーProで、黒サビへの転換を祈願。乾燥にほぼ24時間あてる。

翌日、自動車用のカラースプレーで塗装。使用したのは、昨秋の自作スピーカー製作でも使い切れなかった長年の在庫品・日産チタニウムシルバーと、クリア。マスキングの手間は省いて、手持ちでそれぞれ三度吹き。

ちなみに、アームの色はオリジナルは黒だったのですけど、黒スプレーを自作スピーカー塗装で使い切っていたがため、チタニウムシルバーを用いた次第。そのチタニウムシルバーは、今回の作業でもまた残ってしまいました(いい加減、ねばるなぁ)。

塗料乾燥後、ミラー裏側のプラ部分に耐水ペーパー(#1000)を軽くあて細かい傷を落とし、ダッシュボード用艶出し剤を塗り込み、ミラー内部にシリコンスプレーを噴霧して、軟質プラ製アームカバーとの勘合部にダイビング用シリコングリスを塗りたくって、加工終了。

そして車両に取り付けたら、まぁ、清潔感が増しましたよ、と。

引き続き、今度はフレーム周りのサビ処理の話題なぞ。

|AXIS Treet:購入, 納車後補修 #1, #2, #3, #4

DAIHATSU NAKED:ボンネットを塗る。

10月3日。
ボンネットを室内に運んできたら、試しに買ってみた簡易的なデント工具とグルーガンの出番。

凹みにアタッチメントをグルーんと接着して…

レバー式の工具でバッコン!と引き上げる。

なんせ初めての工具、初めての作業だったので最初の1回は慎重に進めました。今回の場合、あまり引き上がらない段階でアタッチメントがバコンと外れることがわかったので、凹みが上がりすぎる(凸になる)危険はさほど気にしなくて良くて助かりました。都合3箇所4回の作業でソコソコ平らになったところで、作業終了。

ボンネットをベランダに持ち出して、最後に軽く耐水ペーパーがけ(#600)をしたのち、水洗い。乾燥後、プラサフスプレーがけ。ほぼ1本、使い切りました。
プラサフが乾いてから、耐水ペーパー(#800→#1000)がけのち水洗い。

ここで、今回の塗料について。新品ボディ色を調合してもらったところで、視界に入りづらいサイドシルと違って、20年物の車体に対して広大なボンネットだけ新品然としているのも気持ち悪いし、メタリックもパールも上塗り処理が面倒だしってんで、ソリッドのダークグレーにしようかな、と。商用車でありがちな色だと思っていたものの、近頃はそこらへんの色もメタリックが主流な様で、意外に見つからない。そんなとき、ふと頭に浮かんできたのが、ルノー・カングーのグリメタン(KNU)。ネットで色味を確認して、オートバックスでホルツのミニミックス2本をオーダーしておいたのです。

そして、プシュー!
…なにこのムラ。ソリッドのグレーのクセに隠蔽力が弱くね?…てか、思っていたより、色が数段明るいんですけど。
そんないやーな感じを残しつつ、日没サスペンデッド。

10月4日。つまり、今日。
キッチンペーパーでスプレーダストを払ってから、ある程度ムラがなくなるまで追加塗装して終了!としました。使用したスプレー塗料の量は、1.1缶くらいですかね。

ボディに取り付けてみると…。うーん、やっぱり明る過ぎて、存在が浮いてるなぁ。まぁ、いっか。来週末にでも磨くとするかな

参考までに、運転席から眺めたところ。
色具合がダッシュボードと似ていることもあって、内外が繋がって見え、ヤケに視界がスッキリしました。

うん?色具合がダッシュボードと似ている、とな?

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.