DAIHATSU NAKED:秋補修#17 エンジンルームのサビ退治

先週のスピーカー交換時に改めて気づかされた、エンジンルームのサビ。

バイザーの取り付け作業が手早く終わったので(3枚しか貼ってないしね…)、こちらも手早く対策を講じることにしました。

まずは、オイルや何やらの交換年月日が記された歴代整備のアルミステッカーを最新版だけ残して剥がしてしまう。中でも厄介な紙製ステッカーが貼られたエアダクトチューブは、本体ごと取り出して強力粘着剤ハガシを塗布してステッカーを剥がす。薬剤が強力過ぎてプラが白化したことには目をつむり、外側を中性洗剤で洗って天日干し。

車両に戻って、サビの繁茂具合を再確認したのち、真鍮ブラシで浮きサビをコスリ落としていく。

さらに、サビ落し消しゴム(#240)も併用。これ、今まであんまり役に立ってこなかったのだけど、複雑に込み入ったエンジンルーム内のアレコレの表面をザッと均す作業には丁度イイ感じでした。

汚れたところは、バケツを持ち出して水洗いするのも億劫だったので、バイザー取り付けに使ったシリコンオフ&キッチンペーパーと、アルコール除菌シートでフキフキ(ホントはプラやゴムには良くないのだろうけど)。

浮きサビと汚れをザっと落としたところで、今度は表面処理。当初はサビの上から塗れる建材用の油性塗料(2色)を直に筆塗りするつもりでいたのですが、思っていたよりもサビに侵された範囲が広かったのと、今更ながらにエンジンルーム内の込み入り様に色分けする意欲が挫けたので、ひとまず赤サビから黒サビへの転換処置を施しておくことにしました。

残りわずかとなったサビキラーを希釈し、塗料ではなくサビ転換剤として利用。

そして、元の色が何色だろうがお構いなしに、手の届く範囲のサビつき面を嘘くさい銀色に仕立て上げていく。

サビキラー塗布後、エアダクトチューブの取り付け。しかるのち、プラ素材パーツにはダッシュボード用の艶出し剤を、ゴム素材パーツにはラバープロテクタントを塗り込んで、本日作業、終了。

来週あたりにでも摺動部品をオイルアップするかな。色塗装をどうするかは、その時にでも考えようかと。

|秋補修:#1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.