DAIHATSU NAKED:秋補修#5 窓枠の塗装

まずは、先週の水曜日に盛ったパテの研磨から作業開始。ただこの範囲は、全体的にうっすらと凹面になっているうえに、その真ん中あたりが内側のサビの膨張で凸面になっているのです。なので、パテのフチの研磨が難しい。どうしても、段差が残ってしまう。一方で、どうせ継続的にサビの膨張圧力がかかる箇所なので、あんまり薄くしちゃうのも考えもの。

ええい、敢えて段差を残し、プラサフで少しでも埋めてやれ。
(えぇ、埋まるには至りませんでしたとも)

プラサフの乾燥を待つ間に、最終的な全体研磨(#1000)。なのですが。ついさっき投稿した過去の振り返り記事で、先週末に研磨していたことを思い出しまして…。おいおい、研ぎ過ぎだよ。

ともあれ、プラサフ末端の段差処理を済ませたところで、いったん休憩。最終的な塗装をどうするか、決めることにする。

当初、塗装方法として下記3案がありました。

①全スプレー塗装(ボディ色&クリア)
②バイザー接着面だけ黒ラッカー筆塗り+全体をクリアスプレー
③全体を黒ペンキ筆塗り

部屋で一服しながら、ぼけっと思案。先の部分的なプラサフ塗装ならまだしも、いくらTPOをわきまえたところで共用駐車場でソレナリの量を吹くスプレー塗装は避けた方が安全だよね。それに、スプレーを使うとマスキングが面倒くさいな。どうせ、バイザー越しの目立たぬところだし。よし、決めた。見栄えは脇に置いて、端迷惑回避と作業時間短縮を優先。全体を黒ペンキで筆塗りすることに致しましょう。

実際にドアバイザーを当てて遮蔽範囲を見定め、マスキングテープでマーキング。何せ一回塗りのドロリとした黒ペンキなので、あとは一気呵成にペタペタペタ。

そして、その出来上がりは…。まるで、児童公園の遊具。おまけに、ひどい筆ムラ。

塗装面に後処理を加えるにせよ、バイザーを貼付けるにせよ、塗料の乾燥に十分な時間をかけた方が良さそうなので、この続きは来週末にしようかと。それまでの間、少々恥ずかしい姿を世間に曝すことになるのだけれど、ダークオリーブマイカと艶黒の組み合わせは、色の違いが目立ちにくいのが救いかしらん。しっかし、ペンキ塗り立て!って自動車も珍しいような(笑)。

|秋補修:#1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.