Panasonic Lumix DMC-FT3

不調のOlympus μ770SWに代わる、水中OKカメラ Lumix DMC-FT3 が到着しました♩

メーカーのモニター販売で買ったので、実物を見るのは初めてです。それ以前に、パナのカメラに触れるのも初めて、でしたが。

購入したのはスプラッシュブルー。パッと見、770SWと同じ金属外装かなーと思ったのですが、プラスチックなのね。キレイはキレイだけど、ケータイ的なキレイさ(さすが家電屋)。残念ながら、所有欲を満たせるようなモノではないですね。

反面、フルメタルボディの770SWは海水であちこち腐食してきていますから、海辺の道具としてはプラの方が現実的なのかもしれません。いずれ砂にまみれて塗装面が剥がれてくるのは目に見えてますが・・・。

770SWとの比較。数字では分かっていたけれど、やっぱりデカイ。770SWは普段撮りに気軽に持ち歩けるカメラでしたけれど、FT3はアウトドア専用になりそう。ま、普段撮りにはPentax Optio i-10を持ってますから、ちょうど使い分けられる感じですね。

反面、大きい分、ちょうど指先にレリーズボタンが収まるので片手撮影がしやすそうです。ボタンも大きいからグローブ越しでも誤操作しにくそう。770SWは指先がレリーズボタンを超えて電源ボタンにかかりがちだったので、水中でよく電源を切ってしまっていましたから。レリーズボタンの感触は、少しダルイ、かな。シーリングされていることを思えば、贅沢は言えませんが。

あと、FT3にはレンズカバーがありません。770SWでは稀に開かなくなるときもあったので(昔使っていたCASIO Exilim M20もそうでした)、なきゃないでいっか、です。

一番肝心な開閉部。ケーブル用の接続端子とバッテリー&カードの2室に分かれていた770SWに対し、FT3は一極集中。そのせいもあるのかもしれませんが、シーリングのゴムは770SWよりもシッカリしてます。視覚的な話でしかありませんが、ちょと安心できました。それに、使用前に注意を払うべき箇所が1カ所だけで済むのも嬉しいですね。

私的に道具としての魅力は余り感じられないものの、道具としての機能はソツなくまとまっている、そんな印象のカメラです。あとは実際に海で使ってみてからの話。

その前に、早く腰を治さなくっちゃ・・・。

ヤンバル、冬の川。

OLYMPUS μ770SW

大学時代の同級生とヤンバルの川で魚類調査をしてきました。天気がグズついて気温も低かったものだから、胴長を着て水に浸かるとさすがに冷え冷え。しかも途中で足を滑らせて胴長の中に水が入り込んでしまったものだから、ナンともハヤな感じでありました。

とはいえ。

こういう自然の中に入るのは気持ちいいし、しかも研究のサポートにもなっているのであれば、一粒で二度美味しいってもんです。端から見たら、イイ歳したオッサン二人が何やってるんだろう?と不思議に思われるに違いないでしょうが、ね。

OLYMPUS μ770SW:跡継ぎ探し

しばらく前から、水中で使うと液晶モニタが突発的に消えてしまう症状に見舞われている、OLYMPUS μ770SW。

10M防水のカメラなんざ私の手元にはコレしかないので、ぼちぼち買い替えを考えていたわけです。

最初は、(個人的に)実績あるOLYMPUS のμTOUGHが第一候補でした。

だがしかし、現行8010は随分お買い得価格になってきているとはいえ、ネット上の評判がナンとも悪いので食指が伸びない。昨年同様、今年も2月にモデルチェンジかなぁと期待していたものの、下位と中位グレードは入れ替わったというのに肝心の上位グレードについては何も出てこないものだから、熱が冷めてしまいました。

そんな折、今日存在を知ったのが、PENTAX Optio WG-1 GPS。

ペンタ製品を使い続けて四半世紀になる人間の贔屓目を横に置いといても、カッコイイじゃん! GPS付きじゃん! しかも(ようやく)二桁深度に対応じゃん!
なんですけどねぇ・・・。3月中旬発売かぁ・・・。

そしたら夕方、面白半分で申し込んでおいたPanasonic Lumix DMC-FT3モニター販売の当選通知が届いたのでした。本当は「赤」がイイなぁと思つつ競争率が低そうな「青」を選択していたこともあって、さすがに購入ボタンを押すのを躊躇。とはいえ、Optioの発売までジリジリするのもイヤだしネ。結局、押しちゃいました。

振り返ればCASIO QV-10Aからこっち、色んなメーカーのコンデジを触ってきた中で、操作レスポンスの点ではカメラメーカーよりも家電メーカーの製品の方に好ましい印象をいだいております。パナのカメラは初めてですが、少なくともその点だけは勝手に期待(他はソコソコでも許すからー)。なんせ水中でレスポンスが悪いと、そのストレスは陸上の比じゃないですからね。

ちなみに、商品の発送は今月下旬とのこと。発売開始と同時ってことなのでしょうね。
謹んで、お待ち申し上げております。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.