60cm海水魚水槽 再リブート:#2 水質の改善と安定を待つ

【作業初日 7/25(続き)】

キレイに洗った水槽を新しい水槽台に乗せ、キレイに洗ったとは言い難い底砂を投入。底の構造は、考え直すのも面倒だし実績もなくはないので、従来から変更なしとしました。そして作りたての人工海水で満たしたら、黄色っぽいイヤーな混濁具合。スキマーを強めにかけて排水を確認してみたら、色の濃厚さは予想通りだったんだけど、匂いがもう明らかな下水臭。しばらく人の住んでなかった集合住宅の乾いた排水口から漂ってくる、鼻にスンとくる少し甘めのアノ香り。いかにも、ヤバイ感じ。

【3日目 7/27】

しばらくスキマーを回してみたものの、排水の状態は変わらず。底砂の奥底に溜まって洗い流せなかったであろう様々な有機物やら、底砂洗浄時に大量死したであろうゴカイを筆頭にする魑魅魍魎の腐敗が原因なのでしょう。そこで、底砂をガーっと攪拌しながら海水を出来るだけ抜き、買ってきた硝化菌を底砂内部へスポイト注入。

そして人工海水を再注入。何かが反応している風の白濁具合。今回利用した硝化菌は、使用法からして酸素呼吸するっぽいので、排水されない程度の強さでスキマーを稼働。

【4日目 7/28】

バクテリア投入から1日半が経過する頃には、水の濁りがだいぶ取れてきました。スキマーを強めにかけて排水された水の匂いを嗅いでみると、かすかに下水臭がするかな、くらい。ぼちぼち、次のステップに進んでも良さそうな気配。

まずは、外部フィルター(EHEIM Classic 2215)を魚類の隔離水槽から取り外し、分解してろ材を軽く海水で濯ぐ。昔スリム水槽で使用していた EHEIM Classic 2213 を持ち出して、2215 のろ材を流用してセットアップ、隔離水槽に設置。60cm 水槽には、フィルターを交換し、新しいろ材を補充した 2215 とパワーヘッドを設置。海水交換(補充)のピッチをあげる趣旨でスキマーは強めに設定。

そして炭鉱のカナリアではないのだけれど、水質確認用にライブロックを少し投入。付着生物を観察し、問題なさそうであれば、毎日少しずつライブロック(と貝類)を移していく算段。

【8日目 8/1】

今回の再立ち上げで使用する分のライブロックの移植が完了。照明を使用しない今のうちが芝刈りのチャンスなので、マガキガイやシッタカたちのアクセスが良いよう、ライブロックは平置きにしておきましたよ、と。

つづく

|60cm水槽 再リブート:#1, 2, 3, 4

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.