HONDA MD90:シート張り替え#4 シートフレームの下地処理

金曜日
水曜日のサビ削りに続き、サビ表面の黒サビ安定化のため、腹側と背側の全面を希釈したサビキラーで筆塗り。

土曜日
穴が空くほどのサビをどう処理するか、ポクポクと考える。あんまり広い範囲をパテ埋めしてしまうと、いずれサビが膨張したり表面のサビが剥離したときに、パテ全体がゴソっと剥がれるような、いささか危険な香りがするんですよね。思案の結果、穴の周辺、剥離して薄くなっている面や断面など、背側のダメージの大きいポイントに限定して、接着力の強い金属用エポキシパテを用いることにしました。

ということで、スポット充填!
いや、全然、スポットじゃあ、ないじゃないか…。

いわゆる、計画倒れ。

かくなる上は、毒くらわば皿まで。かかる範囲全体をパテ埋めすることと相なりました。

パテ盛りしなかった範囲には、(前段でサビキラーで処理していたとはいえ)念のため、皮膜を生成するタイプの黒サビ転換剤を筆塗り。

日曜日
1日おいて、黒サビ転換剤の皮膜とパテの乾燥にあてる。だがしかし。
ここで痛恨のギックリ腰。

そして今日、再び月曜日。
硬化したパテにエッジやツノが残っているとアンコを傷めそうなので、痛む腰をだましだまし、気になった箇所だけ400番の布ヤスリを当てる。

以上、外観を気にしないで良い面だけに極めて雑な作業となりましたが、これにて下地処理、オシマイ。あとは、塗る、だな

|MD90 シート張替|#1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.