DAIHATSU NAKED:オーナメントとグリルを塗る。

年明けに交換したフロントパネル。破損したフロントパネル本体は廃棄したのですが、なんとなーくグリルとオーナメントのセットを残していたので、なんとなーく塗ることにしました。

オーナメントの背景色はナンバープレートに合わせた黄色にすることに。塗装した他の部品の乾燥中に思いついたものだから、近所のホームセンターで売っていたカンペハピオの水性シリコンカラースプレー・イエローで済ませました。何を使おうがどうせメッキ相手でツキが悪いし、であれば自動車用の塗料ではなく、粘り気のある塗料の方がイイかなぁという頭もあり(それに安かったし!)。

で。たっぷり塗りました。しかも日を置いて2回も。たっぷり塗り過ぎたおかげで、塗面やわらかー(笑)。

工程を記しますと、マスキング→イエロー塗装→生乾きでマスキングを外して乾燥→塗面確認→再マスキング→再イエロー塗装→生乾きでマスキング外し→おおよそ乾燥してから爪でハミ出した部分を削り落とし→簡単にマスキング→クリアがけ(Holts A-4)→乾燥後、爪でメッキ上面のクリアを削り落として完成。

よくよく見ると色むらや気泡がありますし、マスキングがいい加減だったこともバレバレなんですが、間近で見るようなモノではないからいーんです。それにスペアがあるのをいいことにテスト感覚もありますし。

グリルは、Holts バンパープライマーで下地を整えてから Holts つや消し黒を格子に沿って四面むらなく吹きつけました。最後のつもりだった3回目の塗装で、間違えてセンタークラスターの塗装に使っていたブラキッシュカーキMを塗ってしまい、更につや消し黒で誤摩化したので、合計4度塗り! その上からクリアを吹いたから、都合5層です。

日焼けして退色した無塗装品と比べてみると、写真の通り、明らかに質感向上♪

車体に取付けたところ。

以前つけていたカラフルなクッションバー退屈な黒いモノに置き換わってから、いささか寂しく感じていたので、なおさらワンポイントの黄色がイイ感じ。

あとは耐久性がどれほどのものか。
少なくとも初洗車機は無傷で終えました(笑)。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.