DAIHATSU NAKED:フロントパネルの交換

解体屋から買い取り、プラリペアによる補修を済ませたフロントパネルの交換作業について記します。

ちなみに、作業自体は3週間前。
なんで替えたかといえば、1年半前につけた割れと傷周辺の傷みが進行してきたから!

センターパネルの両サイド下部はバンパーで固定されているため、パネルを外す前に左右のバンパーを取り外す(少なくともパネルとの勘合を外しておく)必要があります。

最初にウィンカーを外し、その奥に潜んでいる10mm六角ボルトを抜きます。ただしこのネジ、150mmのエクステンションをつけたソケットレンチでもギリギリなくらい、深いところにあります。あとは外から見える範囲にあるトルクスネジを外していくだけ。

左右のバンパーを取り外し、パネルとフェンダーを締結しているトルクスネジも外したら、ボンネットを開けて、パネルを固定しているプラネジ&カラーを外します。

プラネジは写真のような構造。ネジを締めていくとカラーのスカートが末広がりになって目出たくパネルを固定します。私のクルマでは劣化が進んでネジがバカになり、また、ネジを抜いてもカラーが変形したまま。ドライバーが意味を成さないので、ウラから指を回してネジを押し上げながら上から摘んで抜き取り、同様にカラーもウラでスカートを摘みながら押し出しました。

パネル両端はフェンダーとプラ勘合していて、パネル下部は赤いプラフック5点で車体のフレームと連結されています(パネル補修時の写真を参考)。どうせ交換する私は両端の勘合を動かせる範囲で仮外し(?)したら、あとは腕力でガコッ!とパネルを手前に引き出しました。そうでない方は、プラ部品を痛めないよう慎重に!

といった流れで、顔の剝がされたネイキッド。

手抜きして、バンパーの一番後方のトルクスネジを緩めただけにして完全に取り外さなかった所為もあるのでしょうが、ボンバルビーというか、エピソードIのC3POというか、なにやら憂いのある表情してますねー。

で。あとは逆の手順。フロントパネルを嵌め込むときに、バンッ!!と派手な音がしておののきました。幸い、補修部が割れた気配はなかったので、これが通常の音でなければ、劣化したプラフックを割ってしまったのかもしれません。こういう機会にこそ、プラ部品なんか交換しておくべきなんでしょうけどね・・・。

それはさておき、ともかくもキレイな顔に戻りました。色や質感も同じような劣化具合で違和感がありません。短命モデルのメリットと言えますね(笑)。

さてはて。

これでここ1ヶ月続いていた週末整備のレポートも一段落、かな。古いクルマだけに、意識してしまうとアチコチ気になる箇所を見つけてしまって、際限なくなっちゃうんですよね。しばらくは放念することにいたします。そう決めた!

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.