ケアンズ(豪)出発前夜

2/19〜28まで、7泊9日でオーストラリアはケアンズに行ってきました。最初は近場でグアムを考えていたのですが、なんせHISに航空券を頼みに行ったのが出発6日前の2/13のこと。世は卒業旅行シーズンの真っ最中で、チケが取れませんでした。代案として相談したのがオアフ島経由のマウイ島、もしくはハワイ島。しかし、2/14に会社にかかってきた電話でこれまたNGであることを聞かされる。もともと気分は「南の島」だったので残念無念意気消沈。なんかもうどうでもいいや!という感じでケアンズを選択した次第です。

オーストラリアには95年に出かけて、バスで一月半かけて大陸の東半分を回ってきました。ケアンズにも1週間くらい滞在したのかな。ケアンズの街自体にはそれほど興味を引くものがあったわけでもなく、町外れのバックパッカー宿を拠点にして、色んな体感モノツァーに出かけていました。まぁ、今回もそのノリでもいっかぁという腹もありましたがね。

とにかく目的地が決まったものの、出発まで日数がない。2/15にHISには航空券とビザ、それに担当者お任せで最初の3泊の宿の手配を頼んで、私は私で服だの潜水道具だのカメラだのの準備と買い出しとパッキング、そして換金(A$400 + TC A$400)。そんなんでドタバタと時間が過ぎて、肝心の「今」のケアンズの情報収集をする暇がござりませんでした。まぁ、もともと行き当たりばったりな旅行だし、この際なんでもいーかーという気分。

そして出発の前日。出社したもののなんだかノドの調子がよろしくない。インフルエンザっぽい症状をした同僚がいたりしていたので、これはマズイゾとばかりにイソジンうがい薬を買ってきて、ガラガラ消毒しておりました。折も折り、この日は会社の送別会。夕刻、中華料理屋で宴会が始まり、そのままカラオケに突入。ケアンズ便は夜出発でしたし、私自身、歌うのはキライではないので(笑)、夜明けまでマイク握りしめガナっておりました。

早朝の渋谷駅に向かえば、そこは雪景色。寒ぃ〜。眠ぃ〜。のどガラガラ〜。
とても亜熱帯への出発当日の雰囲気ではありませんでしたとさ。

|豪州2005:出発前夜出発到着初日
宿:サンシャインタワー宿:インターナショナル・ホステル
乗馬:スプリングマウント・ステーション

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.