ケアンズ(豪)出発

夜通しカラオケの影響で、出発当日は午後3時頃に起床。飛行機はカンタス航空の21時10分便で、成田のHISカウンターでの集合時間が19時10分だったものだから、余裕を持って最後の荷造り確認。前回の豪州行き同様、今回も50Lのフレームザックにまとめました。メインの気室の上側にデイパックとウェストポーチ、下側に着替え4日分などの衣服類、そしてその下部にダイビング用フィンなどをまとめた防水袋をくくりつけました。なにぶん気候が日本と間逆なので、向こうに着き次第、冬物衣類は上気室のバック類と入れ替えようという算段。

ウチから成田までは、新宿から成田エクスプレスを使って2時間くらいだった記憶があったので、17時に出発。新宿駅で時刻表を眺めていたら、惜しいことにタッチの差で1本出たばかりでした。次便は約40分待ち。その便で何時に着くのか、窓口の人に尋ねようとしました。が。ぐ。声が全然出ない。うわーカラオケの影響だー。起きてから誰とも話してなかったから全然気付かなんだ。改めてやたらとガハゲヘしながら声帯ではなくノドを使いながら無理矢理声を出して尋ねてみたところ、変な顔をしつつも19時40分着であるむね、係員が答えてくれました。間に合わないじゃん。

そうなると只待っていられなくなるが私の性分でして、こうなりゃ上野まで出てスカイライナーで行こう!という気になりました。が。京成上野駅まで辿り着いたものの、スカイライナーの券売機の電源が落ちている。なんだよこれー壊れてるんじゃねぇのー、と思いつつ駅員にシャガレ声で尋ねてみたら、この時間はスカイライナーじゃなくてイブニングライナーになるとのこと。なんだそりゃ。

とにもかくにも成田空港までの切符を買って、ホームの特急券販売機に向かう。列車は到着してて車内清掃中。そばにいた駅員に、一番先に成田に到着する列車を聞いてみたら、フツーの急行電車であると。新宿で成田エクスプレスを待ってた方が早かったのかなーと思いつつ、重い荷物を背負いながら階段をまた上って下りて、ようやく目的地行きの電車に乗り込みました。

成田空港に着いたのは、19時30分。お。成田エクスプレス使うより安く早く着いた♪ そそくさとHISカウンターでチケをもらい、カンタスカウンターでチェックイン。ラッキー♪通路側♪ と思いつつゲートを出ようとしたら、受付してくれたお姉さんがバタバタと駆け寄りながら「お客さま!」と声をかけてきた。はぁ?ダブルブッキングですかぁ? 再度チケを渡して戻ってきたのを眺めてみれば、あらら窓側。少しゴネてみる。お姉さんはワタワタとしながら上役と思しきオバサンに相談しに行った。「なにバカ言ってんの!満席なのよぉー!」というお局様の声が耳に入った。なーんか嫌な予感。

結局、席は変わらず窓際のまま。出国審査を受け、空港内の薬局で買ったノド薬をナメながら出発ロビーに向かうと、そこには満席の原因、学生服を着た高校生の騒がしい群れ。うわー近ごろのガキゃあ卒業旅行でオーストラリアですかぁ?生意気な。つーか、同じ飛行機かよ。うっとうしい。しかしながら。幸い、飛行機の中では集団とは距離があって、騒々しさからは逃れることができました。幸い、窓際席でも2人席で前が壁だったから、あんまり隣に気を使わなくて済みそうで、ほ。

ところが幸いでなかったのが、隣に座った客。どうもアノ集団を引率している教師陣の一員らしい。実は待ち合い室そばのカフェラウンジでたった一つしかないテーブルスタンドでコーヒーを飲んでいたときに、ビール飲みながら他の客(私)を気にせずグチを言い合う数名のオジサン達に囲まれていたのです。隣の客も、そこにいた。生徒が生徒なら教師も教師だったんだなー。しかも他の連中はスーツ姿なのに、そいつだけジャージ姿。うわー、コイツ体育教師だ。俺、体育教師ってイヤなんだよなー。

その体育教師。どーだ俺の身体ってスゴイだろータイプのガタイの良さで、腕が毛むくじゃら。ジっとしているのが気が手らしく、小刻みに身体を揺らす。そのたびにシートがギシギシ。狭いエコノミー席の隣に座る客としては、物理的にエライ迷惑。私ゃカラオケ疲れでメシ食ったら早々に眠りたかったのに、ソイツはランプつけて機内にもちこんだ雑誌の山を延々と読みふけるわ、他の教師としゃべくるは、客室乗務員を何度も呼ぶわで、心理的にもエライ迷惑。だから体育教師ってキライだ。

そんな感じで、二日続けて眠れぬ夜を過ごしながらの夜間飛行となりましたとさ。

|豪州2005:出発前夜出発到着初日
宿:サンシャインタワー宿:インターナショナル・ホステル
乗馬:スプリングマウント・ステーション

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.