ケアンズ(豪)初日

今回のホテルの位置は、ケアンズ中心街から北側徒歩15分くらいのところ。ともかくも、海っぺりを目指す。エスプラネード(海岸通りとでも言いましょうか)を渡り、海岸沿いの公園でひと休み。朝8時といえど日差しが強烈。そんな中を健康オタクのオージー達がジョギングしている。一方、私の方はといえば、どうやらインフルエンザらしい。うぅ、久々の海外なのに・・・。などと少々凹みながらベンチでグターっとしていると、いきなり背後から「どこから来たんだね?」と話しかけられてきた。振り返ると、誠実そうな白人のオジサンが佇んでいた。日本からですけど、と答えたら、エホバの証人ガイドブック<日本語版>をくれた。おいおい。朝っぱらから、勧誘っすかぁー?

オジサンと別れて(正確には適当にあしらって)、再出発。今回は1週間まるまるケアンズに滞在するわけだから、街の地図を頭に叩き込んでおく必要がある(それに時間つぶしにもなる)。ケアンズの繁華街自体はそれほど大きいものではないし、道路も碁盤目状に通っているので、京都と同様、通りの名前を覚えてしまうと場所が特定できるので便利である。時折地図を出しながら使えそうな店をチェック。だらだら歩きながら、南のPIER(ヨットハーバーと公園のコアをなす建物)の方に向かい、昔馴染みの長距離バスターミナルでまたひと休み。

バスの待合室にある観光ツァーのパンフをつらつらと眺めながら、今後の行動を検討する。前回参加したグリーン島への日帰りヨット&ダイビングツァーは気持ち良かったから、今回も参加予定。また、乗馬も楽しかったので、これもまた候補。そのほか適当そうなパンフと、旅の後半で止まる安宿のガイドブックをデイパックに詰め込んで、外に出る。でも、まだ10時。先は長い・・・。

PIERの近くには、Lagoonという無料開放の公共プールがある。時間もありあまってるし、今のうちに軽く日焼けしておくことにする。急激に焼くと、行動不能に陥りますからね。更衣室で水着に着替え、荷物をコインロッカー(A$2/3h)に預けて芝生にゴロリ。ふぅ、ようやく落ち着ける〜。さすがにこの時間になると、日差しも強烈。合間に水につかりながら、片面40分の焼き時間。日曜ということもあり、それなりに人がいたのだけれど、混み過ぎず空き過ぎずという程よい加減でよろしゅうございました。水も芝生もキレイに管理されていて、こういう公共施設が身近にある社会というのは羨ましいもんですなぁ。

12時ころまでダラダラしてたところで、肌が少々ピリピリしてきたので、Lagoonをあとにする。宿に向けてちんたら歩いて、宿の近くにあるサンドイッチ屋さんで昼飯を済ませ、1時頃に再びホテルのフロントへ。折よく朝のオバチャンが働いていたので、まだ少し早いけど・・・ってんで調べてもらったら、OKとのこと。ふぅ。チェック・インを済ませ、ようやく安息の地を手に入れましたとさ。

|豪州2005:出発前夜出発到着初日
宿:サンシャインタワー宿:インターナショナル・ホステル
乗馬:スプリングマウント・ステーション

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.