Kの悩みを見える化

K10Dからの買換えに悩んだ挙げ句、転移行動でDA21mmをポチってしまったことはさておいて、改めて課題をクリアにすべく、思う所をまとめてみようかと。

高校時代からペンタックスのカメラを使っていた私が最初に買ったデジタル一眼レフが *istDSでした。詳しくは過去記事をご覧頂くとして(うわーもう10年前だ)、SFXやMZといったAF機を経由しないで、ME系ボディ(ME Super/Super-A)からすっ飛んできた私からすると、プラスチックの安っぽい外観と丸まるとしたデザインは気に入らなかったものの、ペンタの美徳である小型軽量な点は気に入っていたカメラでした。ただ昔のレンズを使うときに、1ダイヤルだとどうにも操作がしっくりこない。そこで買い替えたのが、K20Dが発売になって割安感が出ていたK10Dでした。

K10Dに触れて最初に感じたのは、デカイ・オモイでありました(※記事中の写真はマウントを指標にサイズと位置を揃えてあります)。*istDSでは小型軽量だから許せていた丸みを帯びた形も、大きくなってしまうとちょっとイケスカナイ。

その一方で、本体の質感と操作体系には満足。ただ、その後コンデジやらケータイやらで写真を撮ることが当たり前になり、出番が激減。(主に費用対効果的な理由で)買換えのタイミングを逸して今なお現役で使われております。

屋内ではオートホワイトバランスがトンチンカンなときが多いかな、とは思うものの、写り自体は悪くないですしね。それにMF馴れしている人間にしてみれば、QSFを使う限りAFの遅さ甘さも気になりませんし。

なんですけど。やっぱ高感度のノイズは最新機種の比ではなくって、ISO400が実用限界。特に最近の普及レンズは暗いので、ストロボなしでスローシャッターに耐えるのが、だんだん嫌になってきてしまったのです。それが、買換えようかなぁ…という考えが頭をよぎるようになってきた原因。

そんなタイミングで、新機種登場でソコソコ割安感が出て来たのがK-3。カッコイイなーと思っていたK-7のソリッドな雰囲気は世代を追うごとに薄れてきましたが、手に持つと実にシックリくる。元天文部としては、アストロトレーサー内蔵のK-3IIにも意味不明にクラッとくるのですが、まともな外付けストロボが手元にない現状に於いては、ストロボ内蔵の方が実用的かなぁ、と。しかも安いし(現時点では!)。

方や、大きさの点ではK-S2に魅力あり。K-S1ほどではないにせよ、まだ持ち運びに気軽さを感じられるボリュームですよね。ファインダー周りが格落ちなしなのもグッド(K10Dより広い)。持ったときの感触はK-3よりも劣るけれど、軽い分だけK-5みたいに右手の指が痛くなることはなくってソコソコ良さそう。だけど、工業製品としての魅力はK-3よりも段違いに下。プラスチック外装ですもの、いたしかたなし。

といった2台が、ほぼ同価格。しかも、中級クラスのデジタル一眼としてはこなれた価格だけど、絶対的に安価ではない価格。そりゃね、悩みますよ。使用頻度とか費用対効果まで考えちゃうと。

引き続き、大きさと重量の比較。まずはK10Dを基準にした場合。K-3が出たときにK-5よりもデカクなったかーと残念に感じたんですけど、K10Dに較べりゃ大した変化ではないのですね。幅が減った分、厚みが増してるものの、大抵のレンズはグリップよりも突き出るので、そこは重要でないかな。

次は、*istDS 基準。K-S2は、少し重いくらいでボリューム感は同程度。K10Dへの乗り換えでデカイと感じたのと同じ分だけ、小さくなったヨロコビを得られそうな気配です。やっぱ、K-S2なのかな。道具としては。

結論。今すぐ買うの、なーし! K-S2がもっと安くなったら考えよっと。今は不思議なくらい価格変動がないけれど、噂のフルサイズ機が発表される頃には動きもあるだろうし、お勤めは涼風が吹いてからですな、親方!

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.