SUZUKI HUSTLER、えぇなぁ。

発売されましたねぇ、スズキのハスラー。久々に楽しそうなクルマが出て来て嬉しい感じです。私のような、いまどきネイキッド、それもMT車を乗っている輩には、将来の買換えに良い選択肢が現れたというものでしょう。というか、乗り続けるかどうか悩んでいた1年前に発売されてたら、買い替えていた可能性が極めて大(笑)。とはいえ、その後それなりにネイキッドに投資してイロイロ整備しましたから、まだ3〜4年は乗り続けるつもりですが。

あちこちのサイトに転がっている情報からして、Kei のように雪国ユーザーに配慮した実用車という位置づけもあるようなので、きっと数年でカタログ落ちすることはないだろうと睨んでいます。ただし、いつまでもMTモデルが存在しているものか、いささか怪しい気もしているのですが・・・。

個人的に引っかかるのが屋根の高さ。ネイキッドよりも13cmも高い。キャリアを付けてもウチのゲタ履き駐車場の入口は通れるにしても、SUPボードを載せたら確実にぶつかるだろうなぁ・・・。あとタコメーターがないのは寂しいけれど、お年寄り仕様のワゴンRのMT車のように、他のタイプにはついてるものがない、という気分の悪さがないので許せるかなと。なんとなれば後付けすれば良いのですし。さらに足りないといえば、シガーライターと灰皿。さりながら、このご時世、文句は言いますまい。

ちなみに、学生時代に元祖 SUZUKI HUSTLER(50cc)に乗ってました。空冷2ストの可愛らしいバイクでしたけど、こうして見ると、なんとなく雰囲気が似ているというか、隣に並んだら収まりがよさそうですね。

あとは、1年もしないうちにMT車は廉価グレードのみ!なんて状況になっていないよう、祈るばかりでございます。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.