元春な夏の日々

一昨日の夕方、発売されたばかりの新譜『The Sun』を買ってウキウキしながら2周聴いて、オマケのDVDを眺めてたら嬉しくなって、さらにもう1回くつろぎながら新譜を聴き直しました。そうしたら『The Circle』を聴きたくなって、ステレオにセット。

昨日、ふたたび『The Sun』を2周聴く。夜、テレビの「アフリカのツメ」が始まったので、コント?な元春を眺めながら含み笑いをくりかえす(本人はサービス精神旺盛なんだと思うんだけど、すこーしキャラがズレているから、大笑いでなくて含み笑いになるんだろうなぁ。あいかわらず独特な存在感がありますネ)。それから歯を磨いて『Heart Beat』を聴きながら布団に入りましたとさ。

そして今日。また新譜を聴きながら投稿しています。まさに元春漬け。こういうハマリ方するのも久しぶりで嬉しいですね。デビューの頃から知っていて、一緒に年をとりながらその人の音楽を聴き続けていると、価値観の経年変化(妙な言い回しですが)がシンクロして、そのときどきの自分にすごく馴染むことが多いです(元春を元春として認識したのは前回書いたとおり『Cafe Bohemia』からですが、歌自体は昔から知っていた)。たぶん、音楽好きなら誰でもそういうアーティストがいると思うのですが、私にとって、それが元春であり、洋楽ではブライアン・アダムスであるのですね。ほんと、巡り合えて良かったと思えます。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.