スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け

去年は年末ギリまで仕事してて、正月二日からその続き。そんな次第で、束の間の休みとした元旦にスター・ウォーズを観てきました。

無難に過ぎて目新しさに欠けた1作目に始まり、前作で撒かれたネタ回収を放棄した2作目を経て、新シリーズ最終作でどうまとめやがるんだろう、という点に(だけ)関心を持っていたのですけれど。登場人物一同、伏線回収と辻褄合わせに奔走させて、半ば強引にまとめちゃいましたね(笑)。おかげでひどく忙しい映画でありましたが、新シリーズをソレナリの形で完結させたという点で(だけ)、本作はエライです。

ただ引っかかりどころがチラホラある映画でもありました。一つは演出面。2作目で昭和のSF作品群を想起していたのですけれど、本作は昭和の邦画レベルで観客の感情を揺さぶりにかかりにきているな、という印象あり。苦手というか嫌いなんですわ、私、そういうの。もう一つは、兵力や能力のインフレーション化が過ぎる点。他にもあるのだけれど、もう一つだけ挙げるなら、霊体さんたちが出しゃばり過ぎな点かしら。2作目からコッチ、あれだけ安易に登場されちゃうと、ベン・ソロが闇落ちする前に何故干渉しなかったか祖父アナキン、という気にもなってしまう(それじゃストーリーが始まらないわけだけれど)。

結局、この新シリーズは何だったのかなぁ。ルーカスの手を離れた時点で、過去作品とは異なる、新しいスター・ウォーズが観られるのかなと期待していたのですが、終わってみればどの作品もやたら過去を引きずってばかり。そして3作を貫く芯となるべきナニカが足りない。映画作りだって商売とはいえ、もう少し、時間をかけて丁寧に作ってくれてたら良かったのにな、と思ってしまうのでありました。

※シリーズ作品を単体で比べた時の私的順位は以下の通りです。

・5:帝国の逆襲
・4:新たなる希望
・3:シスの復讐
・外:ローグ・ワン
— 可否境界 —
・9:スカイウォーカーの夜明け
・1:ファントム・メナス
・8:最後のジェダイ
・6:ジェダイの帰還
・7:フォースの覚醒
・2:クローンの攻撃

ジョン・ウィック:パラベラム

ちょっと、もやもや。そんなときはオバカ映画で気晴らしするに限るってんで、「ジョン・ウィック」を観てきました。

過去作品はレンタル鑑賞していたので、映画館はシリーズ初。1作目が劇画風、2作目が冒険映画風に感じていたのだけれど、本作は一気にファンタジーの世界に突入しているような。ま、オバカ映画(もちろん褒め言葉)として良く出来ていたから、なんでもイイんですけどね。キアヌも50半ばだというのに、動きがキレッキレ。ここんとこ、CG満載大作映画疲れしていたタイミングだったせいもあるかもしれませんが、肉弾アクション映画として素直に楽しめましたよ、と。

惜しむらくは、寿司屋店主の日本語アクセント。「アベンジャーズ/エンドゲーム」のジェレミー・レナーよりはマシだったとはいえ、大した台詞量じゃなし、キチンと指導しとけよと。でもまぁ、大葉健二を連想させる愛嬌キャラだったから、許しちゃいますけどね。

Best of Bond… James Bond

なんか無性に 007 の主題歌集が聴きたくなったので、2008年発売の50周年記念盤「Best of Bond… James Bond」を iTunes でポチりました。

考えてみりゃ、むかしむかし、友&愛か図書館で借りたCDだったかレコードだったかをダビングしたカセットがあったはずなんだけど、デジタル化しそこなっていたのですね。確かあのテープには、デュラン・デュランの「A View to a Kill(美しき獲物たち)」までが入っていたような…。って、どんだけ昔だよ!とセルフ突っ込みしながら調べてみたら、30周年記念盤だったんですって、アレ。

にしても。初めて劇場で見た007が「私を愛したスパイ」で印象深かったからかもしれないけれど、カーリー・サイモンの「Nobody Does It Better」はイイなぁシミルなぁ。ジョン・バリーのインスト「007(ロシアより愛をこめて)」は、今聴くとゼロゼロ初号機が活躍しそうで、妙なツボに入るなぁ。

ともあれ。アクション映画の音楽集ゆえテンション・アゲ系の曲が多いおかげで、仕事が捗りそうです。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.