BONFORM シートクッション2種

ワゴンR(MH23S)の前席は、軽自動車の割には大柄かつ硬めで、背高めのヒトにとっては座り心地悪くなし。なんだけど、小型軽量なチワワにとっては、直接アンコに接着されているかのような薄い生地に爪がかからず、落ち着き悪し。毎度ジタバタ。そんな次第で、お犬様のために座布団を敷くことにしました。

購入したのは、ボンフォームのクッション、メッシュタイプ(5339-43BK)と竹炭入り(5340-43BK)の2点。ヒトには必要なかったから1枚だけでも良かったのだけれど、思いのほか安価だったので比較してみようかな、と。

竹炭入りを運転席、メッシュタイプを助手席に装着。犬を助手席に置いてみると、足を滑らせることもなくフツーに収まりました。まずは、よかった。

一方、ヒトはというと。着座姿勢が背を起こし気味で、かつ、シートが硬めなワゴンRでは、竹炭入りだと沈み込み量が少なくて、着座位置と視点が上がる印象あり。座高が高い私は天井が近くなった気がして、なんか落ち着かない。

そこで、クッションを入れ替え。運転席に敷いたメッシュタイプは潰れやすく、厚みを感じさせず良うございました。また、生地の目が細かい竹炭入りでも犬の爪がかりには十分でしたので、これにて一件落着。2種類買っておいて良かったです。

ちなみに、乗り込むときにどうしてもクッションが横にズレがちなのだけれど、メッシュタイプの方が竹炭入りよりも移動量が少ない感じ(ただ縫製モノだけに個体差の方が大きいかも)。運転中のズレは、どちらも気にならないレベルでしたよ、と。

AXIS Treet:張り替えたシートの装着

起床。昨日仕上がった座席を取り付けるといたしましょう。
まずは、座席を外した跡をフタしていた PVC シートを剥がす。

サビが目につき始めていたシート取り付け金具は、昨日のうちに洗浄・ざっくり研磨・塗装済み。

取り付け金具全体に薄くグリースを塗って車体に組み付け、シートを装着。
シート固定用の六角ナットは、10mm、2点。

うん。いい感じじゃあないですか。
ついでに簡単に車体を清掃&オイルアップして、いざ試し乗り!

アラハビーチ、まだまだ夏陽気。
Taken with Xperia 10 III

やっぱ、表皮が新しくなると、座り心地も新鮮で嬉しくなりますね。
巻き舌気味に、ラッタッタ〜って気分です。

AXIS Treet:シートの張り替え

水曜に仮補修したシートを、とっとと張り替えに出すことに決めました。
午前中、ネットで探し当てた西原町の張り替え屋さんに電話。車体から取り外したシートを、店へ持ち込むことにする。

昼食をしたためたのち、出発。
店周辺はクルマを停めづらいので、シートを小脇に抱えてモノレール移動。

首里駅より先、延伸した区間を使うのは今回始めて。
終点、てだこ浦西駅手前のトンネルの存在を全く知らず、急に地下鉄っぽい風景になったのが新鮮でした。

駅を出て、琉大病院方面に歩みを進め、上原シート張替所へと向かう。
電話した時は、急ぎではないからシートを預けておく手筈だったのだけれど、ちょうど手が空いたところだったのか、即対応していただけました。

どうせだから色を変えてみようかなと考えていたものの、縫製がない1枚もののシートでは使える素材が限られるとのこと。生地見本を見ながら、純正より彫りの深いテキスチャーの黒を選択。

約30分後、張り替えが済んだシートを受け取り、帰路に着く。
なんとなく、モノレールを使わずに歩いて帰る気になる。
やがて、家までの経路が起伏に富んでいたことを改めて思い知らされる。

1時間半後、帰宅。
疲れ果てました。シートの取り付けは、明日にしよ…

Copyright ©2024 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.