BenQ PD2700Q が届く。

ベランダで負のスパイラルに陥っている間に、新規購入した BenQ の27型WQHDモニタ(PD2700Q)が届きました。第一印象は、箱デケェ。このモニタ、スイベル機構つきでして、開梱したら縦画面状態だったのが新鮮でしたよ、と。

このモニタを選んだのは、標準状態で今以上の情報量を適度な文字サイズで表示できる非光沢の大画面で、かつ色に信頼を持てそうで、かてて加えてホドホド価格だったから。色に信を置きたいならナナオを買え!ってところでしょうが、EIZO の液晶って高いんだもん。

モニタ接続ケーブルも同梱されていたので、ようやく Mac mini の動作確認とスペック確認(整備済みカスタマイズモデルの通販品だったもんで)が取れました。万事オーケーです。

27型の WQHD(2560×1440px)は、現在の作業マシンである 21.5型 iMac(1920×1080px)と比べ、計算上は文字サイズが約95%(面積だと約90%)小さく表示されることになります。老眼と近眼が一緒に来ちゃった私にしてみると、その点がチト気がかりだったのですが、まぁ、許容範囲内。春先まで動いていた 15.4型 MacBook Pro(1440×900px)に比べれば、マシってもんです。それにやっぱ、非光沢は目に優しいわ。

作業用 iMac の OS が Mavericks(10.9)であるのに対し、Mac mini にインストールされていた OS は、Mojave(10.14)。バージョン番号の差にも感ずるところはあるのですが、なんせ OS のイメージ画像が海から(山を飛び越えて)一気に砂漠ですもの。思えば遠くに来たもんだって印象が強いです(笑)。Catalina(10.15)へのバージョンアップは、しばらく見送るつもり。

さて、どうせ作業環境の移行には時間がかかるから、テキトーなときに進めましょうかね。未だ外部 GPU ケースの納期が見えない状況でもありますし。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.