OGK Kabuto ASAGI:カブひとっ走りで感じたこと

午前中、ひさびさの晴れだし新メットもあるしってんで、ほぼ2ヶ月ぶりに郵政カブでれっつらごー。着火するまでキック続きで危うく立ちゴケしそうになったことはさておき、新調したヘルメット、OGK Kabuto ASAGI の印象など。

フィット感は上々。メット内のエアの抜け具合もイイ感じ。おまけに、耳まる出しの半キャップと違って、耳に入る音がマイルドでイイわぁ〜。古エンジンのメカノイズや、チェーンなどから発せられる高音域の「ギャ〜〜〜」音が低減されて、すんごい快適。車格が上がったかのような幻想に浸れました(笑)。

のど仏にアゴ紐のバックルが押し付けられて気持ち悪かった件は、バックル♂側のベルトを若干緩めて金具の位置をズラすことでソコソコ改善。でもなぁ。メットのベルトを「バックルが痛いから」という理由でシッカリ締められないのって、防具としてどうなんだろ。昔ながらの D環への巻きつけ式で良かったのに。

内蔵サンバイザーがカバーする範囲は、視界の上から 2/3 くらいまで。オフ用メットのバイザーと違って、目のピントが合わない鼻先で視界が分断されるので、明暗の境界付近の異質感が想像していた以上に気になりました。自動車のバイザー同様、「日差しで視界を奪われがちなときにだけ」利用されることを意図しているようですね。決して「常用で」クリアとスモークの2モードで視界を切り替えられるような便利な存在ではない、です(期待しちゃうんだけどね、残念ながら)。

総じて。「ASAGI ならでは機能」に引っかかりポイントがチラホラあるとはいえ、帽体自体のデキには満足。値段からすりゃ十分に許容範囲じゃね?な、メットでありましたとさ。てかね。全方位で機能性・快適性を求めるなら、ケチるな!ですものね。

ついでに、再整備から10ヶ月経過したサビの進行具合なぞ。再塗装したキャリアは、内側からサビが育ってきて気泡状にボッコボコに。サビのにじみも8ヶ月前からさらに範囲を増して、何やら醤油せんべいのような様相を呈して参りました。

うーん。汚らしくて、ヤな感じだなぁ。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.