PENTAX K-S2:なりゆき試し撮り(A28mm F2.8 篇)

昨日に引き続き、K-S2 + smc A 28mm F2.8 の組合わせで、試験撮影がてらの犬散歩。諸条件は前回と同じ。撮影感覚を呼び覚ます目的で、液晶パネルを裏返しての一発撮影。ロクな写真ではありませんが、こういう晒し方をするのも自らの励みというか鍛錬になるかと…。

ぜんぜん後ろがボケてないやし…
PENTAX K-S2 / smc A 28mm F2.8
f8, 1/160, ISO100, -0.3EV

えー。「待て」のできない犬を連れてのマニュアルフォーカスには、高いスキルが必要だということが分かりました。しかたないから、午前中(1枚目)は、 f8 まで絞ってパンフォーカス気味に目測撮影。当たり前ですが、ボケが弱いのが気になって、夕方の散歩では f4 にしました。

もうちょいアンダーでも良かったな
PENTAX K-S2 / smc A 28mm F2.8
f4, 1/250, ISO100, -0.3EV

K-S2 の適正露出値は K10D と同じ傾向。私の好みからすると少しばかり明るめだったので、-0.3EV をデフォルトにすることにしました。液晶画面を物理的に隠して(仮撮影も撮影後確認もしないで)意思でもって撮影枚数に制限を加えると、それはもうフィルムカメラの世界。自宅に戻って写真を見る時に、現像上がりの写真の封をあけるときのドキドキを追体験できました(笑)。失敗の原因も分かり易くなりますから、バリアングル液晶ならではの、そんなMな撮りかたも良いのではないか、と。

マルチ測光さまさま
PENTAX K-S2 / smc A 28mm F2.8
f4, 1/800, ISO100, -0.3EV

A28mm で撮った写真は、やっぱり昔見たことのある馴染み深い雰囲気。色味が淡白で、柔らかくて、でも絞るとソレナリにシャープで。絶対的な性能はイマドキのレンズに及ばないでしょうし、経年劣化もあるでしょうが、足並み揃えて年齢を重ねてきた私にはアリな存在。持ってて良かったレンズ、ですね。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.