60cm水槽:ライブロックの芝刈り

今日は梅雨の中休みを使って海に行こう!と企んでいたのですが、哀しいかな寝坊。だったら、とうことで事務所に向かい、部屋の掃除を済ませ、その勢いをかって事務所水槽のライブロックに蔓延っている海藻退治をいたしました。

写真だとちょーっと判りづらいですが、2〜3cmくらいの細長い海藻が、芝生の様に広がっております。

ちなみに、昨年9月に水槽をリセットしたときは、こんな感じ。今と比べるとガラス面もキレイで、クリーンな水槽に見えますね(もっとも、魚を入れる前の写真ですが)。

タマイタダキイソギンチャクが活着している真ん中のライブロックに、少しだけ海藻がついてました。栄養塩を消費してくれる存在に優しく接していたのが大間違い。こんなにも生い茂るとは・・・。

まずは目に見える付着生物が少なさそうなライブロックを取り出して作業開始。

指でガシガシ抜いていって、さらにラジオペンチで追い打ち。想像していたよりも強固に根付いていて、かなりの難敵でした。ラジペンでもキレイにしきれませんでしたもの。

結局、完全除去は諦めて、ある程度量が減ればオッケーとしました。けっこう手が疲れる作業でしたし。

今回はコブシ大2個と、細長いの1個、合計3個のライブロックをクリーンアップ。量的にかなり取った感があります。

掃除したライブロックと、土曜日に整備したパワーヘッドを戻したところ。

なーんか、キレイになったというよりも、森林伐採で禿げた山々が並んでいるような、少し侘しさを感じさせる光景と相成りました。

この草食性のイシガキカエルウオがもっと活躍してくれるものと期待していたんですけどね・・・。いまや、海藻には見向きもせず人工餌をパクついて、いささか腹まで出て来ている始末。

ねぇ、もう少し働こうよ・・・。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.