DAIHATSU NAKED:リアワイパーを塗る。

まだネイキッドを買い替えるか否か悩んでいた3月初めのこと。乗り続けるにしたって、下取りに出すにしたって、金をかけないで済む範囲からキレイにしておこうかね、と思い立ちました。まずは作業が簡単そうなワイパー、それも人目につきづらいリアワイパーから手を付けることに。

そのリアワイパーの状態はといいますと、アーム上面にはサビが広がっていて、根本の塗装はカラカラのハゲハゲ。

まずはマイナスドライバーを使ってゴシゴシと根本の古い塗装をこそぎ落とし。あっけなくパリパリ剝がれていくあたり、哀しくもあり、楽しくもありました。

・・・なんか骨みたい。

サビた範囲はサビ取り剤攻撃。塗装と一緒にサビがゴソッと落ちました。その後耐水ペーパー(#600)で劣化部をこそいで、更に塗装面全体の表面粗し。どうせ黒を塗る訳ですし、古い黒塗装を完全に落とす手間はかけませんでした。

塗装を完全に落とした根本部分には、錆び止めを重ねる意味でHoltsの金属用プライマー(グレー)を塗布。可動部を部分的にスプレーがけするためにマスキングをかけています。

なお。「新品の様にキレイにする」のではなく「それなりにキレイになって、劣化の進行が遅らせる」という基本方針なので、全般に作業は荒いです!

根本にプライマーを二度塗りして、耐水ペーパーで表面を整えてから、残り物のシャーシーブラックで二度塗り。それからマスキングを外し、適当に加減しながらアーム全体をスプレー掛け×2。

本当は光沢のあるシャーシーブラックではなく、つや消し黒にしたいところでしたが、もったいないんで(笑)。その代わり、磨きあげないで済ませた結果、セミグロスっぽい風合いになりました。

塗料が乾くまでの間は、クルマに戻ってワイパー軸のサビ落とし。でも全然落ちてくれないので、表面をコンパウンドで軽く磨いてからグリースを塗りたくってお終いにしてしまいました。

そして合体! 艶が入った分だけプラのカバーと明らかに異質な出来上がりになってしまいましたが、ハナからこんなモノだったと思えば別に気にもならず。

少し後悔したのは、アームの根本のサビを落とした範囲。古い塗装を残したまま再塗装したため、サビ取りで金属面が露出していた部分とそうでない部分で段差が生じてました。しかもなんとなーく、ソコだけ風合いが違うし。ちゃんと塗装面全体をプライマーで整えておけば良かったかな、と。

とはいえ。目立たないリアだからOKです。その証拠に、作業から1ヶ月経った今、全然気にしてませんもの(笑)。

そうそう。ついでにリアガラスに年輪を描いていたブレードを新品交換しました。リアワイパーって使用頻度が低いから、つくづく存在が薄いんですよねぇ。

【追記】それから1年半。ようやくフロントワイパーを塗装しました。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.