DAIHATSU NAKED:シートバックトレイをスベラーズ

しばらく前のこと。たまたま後部座席のドアを開け閉めする機会が多い日があって、そのバンッ!!という五月蝿くも安っぽい音が気になったことがございました。これはいっちょ静音テープでも貼付けてやるか!とAmazonで調べていたら、エーモンの「2650 風切り音防止テープ」が安く売られていたので、ついつい2セット買ってしまったわけです。

なんだけど。ブツが届いてから、只でさえ閉まりにくい後席ドアに付けると厄介かなぁ、という考えが芽生えてしまった結果、放置。

それから十数日後。何気なく商品を取り出して観察していたら、ゴム素材だし、クッション性あるし、荷物置き場となるシートバックトレイの滑り止めに使えそうな気配を感じました。

ネイキッドのシートバックトレイって硬い平面を作ってくれるのはイイんだけど、ただのプラ成型品だから、重量物を載せると走行中にズルズル滑ってヤなんですよね。一応、メッシュ状の滑り止めシートはクルマに積んでいるとはいえ、いちいち敷いたりなんだり気を使わなくて済む方がイイに決まってます。

作業するなら、塗装から間もなく塗面が新鮮な今のうちでしょう!
てことで、トレイを取り外して、作業開始。

トレイの稜線に沿って、やや引っぱり加減でテープを貼付けていきます。テープ自体が柔らかいので、作業は容易(今日は暖かかったし)。念のためコーナー部はドライヤーで加熱しながら曲げてみました。とはいえ、どちらかというと、キレイに曲げることよりも、直線部で歪ませないで真っすぐに貼る方に集中力が必要かも。

私ゃ圧着ローラーなんて気の利いたモノを持っていないので、テープを貼付けてから風邪薬のガラス瓶を転がしながら圧着。それから工具箱を上に載せ、リアハッチの作業が終わるまで小一時間放置。

トレイ3点、全景。

まぁ、割とキレイに貼れた、かなぁ。ただ、助手席の一番上の横一本張りが、いかにも取ってつけたように見えるのが、どうも・・・。ここが一番出っ張ってるから仕方がないとはいえ、一番目につく箇所だけに見苦しい。助手席まで倒すような荷物なんて、そうそう積まないもんなぁ。ここはゴムシート対応でも良かったかなぁ。などと悔やみつつも、圧着後にムリに剥がすと塗面を傷める可能性が高いので現状維持!

シートに取付けたところ。

試しに小型のカメラ用アルミケースを載せてみたところ、滑り止め効果はイイ感じです。気がかりなのが、ゴム製ゆえの温度変化による伸び縮み。接着面が汚らしくならなきゃいいけれど。こればっかりは、経過を見守るしかありませんね。

ちなみに、トレイ3枚で1本使って約10cm余りました。
(商品は4.3mのテープが2本入り)

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.