iMac Flat Panel:磨いて開いて強化して。

突如現れた iMac Flat Panel のホコリ払いを先週末に済ませてからも、仕事の息抜きにポツポツと手入れを進めておりました。

ディスプレイ部の白枠には、鉛筆でつけられたスジやらシールやセロテープの跡やらが。薄めた中性洗剤でも落ちなかったので、クルマ用に買っていた鏡面磨きコンパウンドで磨くことにしました。

なにせ金属向けのコンパウンドだけに、軽ぅく磨き始めました。が、案外大丈夫そうだったので、後半はガシガシ。

多少の黄ばみは残ったものの、キレイキレイ♪

そしてまた日が経つ間に、Amazonでオーダーしていたブツが到着。

内部装着用の PC133/512MB/144pin SDRAMと、USBのBlue Toothアダプタです。

まずは開腹してメモリの交換。

もともとついていたのは、デフォルトの128MBで、韓国の Hynix とかゆーメーカーの品でした。新たに取付けたのはノンブランドの激安品(1,780円)。メモリ上にも、どこの製品か明確な記述がありませんでした。

でも、そんな馬の骨でも問題なく起動し、ちゃんと認識してくれたからオッケーです。外蓋側の256MBと合わせて、合計768MBと相成りました。

BTアダプタは、iBUFFALO のBlue Tooth 3.0+EDR対応モデル(BSHSBD04BK)。

この邪魔にならない大きさは素敵ですね。値段も1,023円と、素敵でした。

MacOS X 10.4(Tigar)にて、Apple Wireless Keyboard と Apple wireless Mighty Mouse を問題なく認識してくれました。どちらも放置していた品だから、これで無駄なく現役復帰!てなもんです。

ついでにポチッたのが、imation SCU-7110 NOTEBOOK SPEAKER。

ホントは、Apple Pro Speaker が欲しかったところでしたけど、今更売ってないし、あっても高いだろうし。てことで、パチもん(といったら失礼かな。今やマクセル配下だし!)を選んだ次第。アナログ(ステレオミニ)入力+USB給電という仕様です。

iTunes のラジオでジャズを流してみたら、BGMとして聞き流す分にはイイ感じでした。これで1,345円ですもの。イイ買い物をしたかな、と。

てことで、一式取付けて、あっかんべー。狙い通りにスピーカーが両目と化してくれました(笑)。

残念ながら、メモリを足したところで GeForce MX2(32MB)の性能がアップするわけでもなく、YouTubeはカク・・・・・・カク・・・・・・。

まぁ、少なくともミュージック・マシンとして機能してくれれば良いですし、動画サイト以外はソコソコちゃんとブラウズできますしね。拡張性の低い古いマシンにソンナにお金をかけたくもないので、現状OKかな、と。

それに、趣味の延長線上にある、観賞用の一品でもありますから。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.