つれないそぶりでこう言うの。

23日に修理に送りだしたQuickSilver。

翌24日、会社でメーラーを開くと、アップルから連絡が。
11:38「修理センターに到着し、現在検証中です」
18:11「修理センターから発送いたします」

そして25日にはウチに届いてました。
うわー。素早い対応。と感心しつつ開梱したら、
「異常がみられないため、そのままでご返却いたします」

うーん。恐れていた通り、再現性のないまま何も改善されずに戻ってきたか。
ウチで使ってるメモリなしHDなし状態でのテストだしな・・・。
いったい、どの程度の検査をしてくれたのか分からないのが歯がゆいです。

さて。私はマスターHDをシステムディスクにして、スレーブHDをデータ用、そして外付けHDをデータバックアップ&大容量データ用という風に使いわけています。何も改善されずに戻ってきたマックを、また同じ環境で設置しても何も変わらないので、当面は内部をマスター1台にして様子をみることに決めました。

感覚的にはATAカードでも差してやれば解消される問題のような気もするんですけど、今さらATA133用でもないし(HDは100仕様だし・・・)、フォーマットの問題(認識の問題)も考えると、いささかおよび腰。一番妥当なのは、外付けHDケースを追加することなんでしょうねぇ。くそー。なんのためのタワー型筐体なんじゃい・・・。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.