Maki Ohguro & Friends『Copy Band Generation Vol.1』

大黒摩季をボーカルに据えた、80年代の日本のヒットソングをカバーした企画ものアルバム、なんでしょか(ちょっと投稿するタイミングを逸した話題ではありますが)。

大黒摩季は以前から聴いていて、結構好きなアーティストのひとりです。でも前作『O』を聴いたときに煮詰まり感を覚えまして、更にここ数年の昔の曲のカバー流行りに乗っかってしまったあたりで、そろそろ買うのやめようかな、と思いはじめたアーティストでもあったりします。

そんなわけで、このアルバムは再就職祝いに(笑)たまたまプレゼントされた代物。コンセプトとしては、学園祭ノリでバンド演奏を楽しもうじゃん!といったところでしょうか。実際、私的にも学園祭なるものに接していたころの選曲になっているので(年がバレますな)、そこらへんを改めて聴けるのは嬉しい、のですが・・・。

最近の大黒摩季の声質って、私的にはハスキーになり過ぎてパンチに欠けているように聴こえているので、学園祭ノリって割りにはパワーが足りない感じです。とどのつまり、学園祭ノリで雑いアレンジ&演奏の、ただのカバーアルバムという印象が強いですね。

収録曲の中で一番ピンときたのは、中村あゆみの「翼の折れたエンジェル」なのですが、これって単に声質が似ているからってだけの気がしないでもありません。山下久美子の「バスルームから愛を込めて」も同様。佐野元春好きな私にとっては「SOMEDAY」を入れてくれたことは嬉しいとはいえ、なんかカラオケで上手い人の歌を聴いているって感じでした。『The Hearts』の中で山下久美子が歌った元春プロデュースの「So Young」と比べてしまうと、同じカバーでもその出来に雲泥の差がありますもの。

なので、せっかくもらったものの、あんまり聴かなくなってしまいましたとさ。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.