LOGOS:SURMOUNT 30

ん十年ぶりにザックを新調しました。と言っても、タバコの景品で当てたのですが(笑)。それが、ロゴスのサーマウント30。18リットルのデイパックに収まりきらないとき用として手頃な容量(30L)だったので、ロクすっぽ調べもせずにポチポチ応募ボタンを押していた次第。で、ブツが届いたから確認しよう、そうしよう、と。

後から調べてみたら通販で1万円強という、この手の商品の中では安価な部類らしい。さりながら、割り切った感はあれど、素材や縫製に安っぽさは(余り)感じませんでした。なんせ景品としてラインナップされるくらいの商品だったので、そこらへんに不安を感じていたのですけれど、ぜんぜん許容範囲。

見て触った範囲では「軽く・動きやすく・手頃な価格で」が優先されている風。背負った感触は良好で、本体が細身なだけに腕・肩の自由度が高いです。

メインは1気室でアクセスは上方からのみ(つまり、ただの袋)。それ以外にもポケットはあれど、最小限かつ作りがいささかチャチなので、とりあえず小物を入れられる場所はなくはない、程度。ボディ外側に重量物をくくれるような構造物は何もなし。天蓋のロックがベルト2本なら何かしら(私の場合は主に寝袋の)固定のしようもあるのだけれど、短めの幅広ベルト1本止めのため、それも不可。よって、本体内だけで荷造りを完結させなくてはならない。超コンパクトな寝袋ユーザーでもない限り、「デッカいデイパック(日帰り専用ザック)」という存在かしら。

あとは、小枝に引っかけやすいメッシュ地の多用が気になるものの、細身だから避けやすそうな(不意打ちが少なそうな)気配はあります。いまどき装備としては、スマホのヘッドフォンの通し穴やら、パッキングした水筒からの給水ホース通し穴やらがあり(私ゃ使わんけど)。そうそう、底に収納されているレインカバーは意外なほどしっかりした生地が使われてました。

総じて。日帰りハイキングなら、全然オッケーな商品じゃねぇかな、と。背負う派ならオフ車の連泊ツーリングにも向いてそう(テント泊じゃなければね)。ただし、この手のアイテムは「高いモノほど良い」のが通例で、かつ、ユーザーによる後付けの工夫を受け入れてくれる度量もないので、価格なりのある種の割り切りは必要になろうかと。私自身は「タダでもらった、デッカいディパック」としてありがたく使わさせていただきます。

ブーツの季節

先週の半ばくらいから、沖縄でも肌寒い風が吹くようになりました。足元が蒸れる期間、玄関の片隅で休んでいた RedWing 6インチブーツの出番です。てことで、本日ホコリ払いカビ払いオイル塗り。

思えば、このブーツも購入から10年を超えてました。表面にヒビがきているけれど、まだまだ現役、かな。

もともとのクレープソールが1年余りで擦り切れてビブラムに張り替え、その後3年経って再度ビブラムに張り替えてから6年経過。暑い間は余り履かなかったとはいえ、まだまだソールが残ってます。鉄道とバイク移動が主体だった東京と、ほぼクルマ移動の沖縄との行動習慣の違いが歴然ですねぇ。

なんせ県内では「少しは歩け、うちなーんちゅ」やら「沖縄って歩かない県なんだ…」なんて自虐的なテレビ広報が打たれているくらいですからね。うちなーのないちゃーも少しは歩かにゃ(笑)。

Columbia: Shasta Ridge Mid Omni-Tech

1年前、名護岳を登っている最中にトレッキング・ブーツのソールが剝がれてしまってから早一年。以来、新たな靴に買い替えることもなしに、ビブラム底のレッドウィング一本で過してきたのですが、さすがに沖縄では暑いときに暑い! てことで、野山の道具として割り切った、安いブーツを購入することにしました。そして目に留まったのが、コロンビアのシャスタリッジ(ミッド)であります。メーカーサイトに情報がないので、まず型落ち品でしょう。通常価格1万ナンボのところ、お値打ち価格の5,490円也。カラーリングは3種類あったものの、在庫でサイズが合うのは緑/黄のみという哀しい現実。キライな色味でなかったので救われましたけどね。

アッパーはジャージ調の柔らか素材。ゴアテックスじゃないけれど(肌触り的にはエントラントっぽい感じ)、いちおう防水・透湿らしいです。まぁ、1万円の商品の防水機能なんてアテにはならないので、防水スプレー2回掛け。って、これも気休めか(笑)。

ついでなので、革ブーツの手入れもしておきました。

ソールは結構シッカリしてます。なんだけれど、ごっついビブラム底の革ブーツに馴染んでしまった足には、柔らかくも頼りなく感じられてしまう。足の指の爪の上までプロテクターが回っていないのも、ちょと心もとないかなぁ。ただし、その分、スニーカー並みに軽く感じられるし、フィット感もイイ感じなので、まぁ、なんだって一長一短でございますな。

その他、今日一日履き続け感じたことは、意外に蒸れて暑いゾ、ジーパンには似合わないゾ、といったあたり。とはいえ、野山限定利用なんだから許容範囲です。なんたって、安い買い物だったんですから!

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.