CITIZEN PROMASTER MARINE BN0157-11X

昨日のブログ記事に記したコンデジ同様、13年余り前に購入した CASIO G-SHOCK GULFMAN もまたバッテリー関連と思しき問題を抱えておりました。満充電状態でも周囲が暗くなると液晶表示が消え、ライトも点かないので昼間専用機と化していたのです。

修理に出そうかなとも考えたのですが、電池交換と照明修理の簡易見積もりで1万円弱。十年以上前に2万円弱で購入した時計に、そんな費用をかけるか?という疑問符がついたので、この際、買い換えることにしました。

で、選んだのが、CITIZEN PROMASTER シリーズのダイバーズウォッチ、MARINE BN0157-11X。陸海空の3種展開のうち、もっとも安価な「陸」モデル。色合いはともあれ、陸が一番フツーの潜水時計とはこはいかに。

サイズ感はガルフマンと同程度。リング以外、すんごくマットな「沼」色です。
なんでこの時計にしたかというと、まずは、見た目も機能もシンプルな方が好ましい気持ちになっていたから(だからアナログ)。そして防水機能がマトモで(だから潜水時計)、当たり前だけど好みとも予算とも合致していたから。

手首に巻いてみると、ガルフマンと比べてズシリと重量を感じるけれど、装着感は悪くなし。ウレタンベルトの滑りが悪くて留めづらいのが難点。カレンダー表示が日めくりではなく曜日だったら手間なしでよかったのだけれど、どうせ手動での時刻調整が必要な時計でもありますからね。月に1度の日時合わせくらい、面倒くさがるなよ、ということで。

ちなみに、今まで所有してきた腕時計は国産メーカー品ばかりで、記憶の限りで時系列順に並べてみると、セイコー2本→セイコー アルバ1本→カシオ4本。自分でも意外だったけど、シチズンは人生初でした(G-SHOCKが流行る前は、セイコーとシチズンが国産腕時計の双璧だったのよ)。しばらく前に車内用に購入した安価な腕時計もシチズン製でしたけど、アレは置き時計扱いでカウント外っすね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright ©2024 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.