AXIS Treat:復活の日(バッテリー充電ほか)

昨年11月に肩を傷め、年を越しても回復せず。さらには新型コロナの非常事態宣言の影響もあって、ようやく3月になってから病院で診てもらい、リハビリに励む毎日を過ごしておりました。

その影響をモロに受けたのが、トリートくん。ぜんぜん腕が上がらないってのに、うかつにスクーターで出かけようとして、スタンドの掛け下ろしで肩に激痛が走ったものだから、晩秋からずっと駐車場の片隅に佇む日々を過ごしていたのです。

そんなこんなで、今週末。リハビリのおかげでソレナリに肩が動かせる様になってきたぜ、ぼちぼちスクーター を動かす準備をしておこうぜ、 という機運が高まってきたのでした。

土曜日。まずは、干上がりかけているに違いないバッテリーから。

フロアマットを剥がしてみれば、バッテリー収納庫のフタを固定している2本のトルクスネジのうち1本が、イヤな感じにサビまみれ。下手に力をかけると山が崩壊しそうに思えたので、ラスペネを併用してトルクスドライバー(2.5)をじっくり回してやりました。

無事ネジを抜き、フタを外してみると、幸いなことに内部は思いのほか綺麗。

次にプラスドライバーでもって、バッテリーのマイナス端子→プラス端子の順にケーブルを取り外す。してからに、バッテリーを引き上げようとしたら、バッテリー本体が収納ケースにぴっちり嵌ってるわ、表面の滑らかなプラスチックに指がツルツル滑るわ。最終的には、本気の握力勝負。ようやく引き出したバッテリーは、台湾ユアサ製の YTX7A-BS でした。

部屋に戻り、半日ほど充電。さすがに蓄電量は下がっていましたが、充電器のチェッカーによると、バッテリー性能自体に問題はなさそう。

翌、日曜日、お昼前。逆の手順でバッテリーを格納。バッテリー充電の間にサビを落とし、サビキラーで銀色に塗りあげたトルクスネジでフタを固定。

で、スイッチ周りに接点復活剤を塗布してから、イグニッション・オン! 通電、オーケー! ライト、オーケー! ウィンカー、オーケー! クラクション、鳴らねぇー!と思ったらイキナリ鳴りやがったー! でもって、セル・スターター、うんともすんとも言わねぇー!

とりあえず、キックスタートしたら、意外なくらい簡単にエンジンが回ってくれて、一安心(ガソリンが腐ってなくってヨカッタ…)。各部のオイルアップ、簡単な清掃とワックスがけを済ませ、昼飯を買いがてら近所を一回りしてきました。

したら、カーブで後輪がグニョグニョする。そりゃまぁ、長期保管後の課題その2は、当然のごとくタイヤの空気圧だよね。走行前に確認するのを忘れてたわい。

安全運転で帰宅してから、リア 225kPa、フロント 150kPa を目安にエア注入。ふと思い出して、セル・スイッチを押してみたら、キュルキュルブルーン!で問題なしよ、と。

どうせだから、ついでにブレーキ周りをみておこうかなと思ったら、にわかに大雨、それも雷雨。

またの善き日を待つといたしましょう。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.