車検の代車は、(再び)初代タントでした。

午前中、ネイキッドを車検に出してきました。

そして代車として提供されたのが、初代タント。それも前回の車検で借りたのと同じ車両。よって、どんなクルマなのかは過去記事参照、なのですが。ネイキッドよりも新しいクルマとはいえ、さすがに古い中古車で2年経つと経年劣化が明白ですね。特にピンクやオレンジ系の薄いメタリックカラーのボディ色は、沖縄の強烈な日差しに弱いのか、退色が早い印象があります。街中でもグラデーション状態になった車両を多く見かけますもの。

ちなみに私ゃ、最低地上高がソコソコあって、車高は余り高くなくて、それでいて室内高は狭苦しく感じない程度には欲しい人なのですが(欲張り?)、やっぱタントの背の高さと無駄に広い室内スペースは好きになれないなぁ。その点、ネイキッドは丁度イイんですよね。

例の雨漏りの件でネイキッドを車検に出すかどうか迷っていたときに、なんとなーく中古車情報サイトで軽のMT車を調べていて目に留まったのは、先代/先々代のワゴンR(マツダ印含む)、三菱純正 ek ワゴン、最終型ミラあたり。ただ、私的にはワゴンRでも背が高く感じられるし、ek は最低地上高が低めだし、ミラのMT車はリアシートが一体可倒で3名+荷物積みができないしで、積極的に買い替えたい気分になるまでには至りませんでした。もっと年式を落とせば、Kei がドンピシャなんですけどね。現在の使用状況を考えると安い中古車で十分とはいえ、設計年代が古かったり生産中止から年数が経過しているクルマはネイキッドでお腹いっぱい、でありまして(笑)。

うーん。次期車両候補は、型落ちしてからのハスラー、次点でワゴンR、手頃なのがあれば先代ジムニーあたりになるのかな。今 MT に拘ると、そもそものところで選択肢が限られるのがいかんとも。ま、車検に出すことにしたわけだし、ネイキッドが元気なうちは頑張って走ってもらうつもりでいますけどね。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.