DAIHATSU NAKED:後部ドアの浸水対策#2 台風のおかげで応急処置

台風9号が接近。明日木曜から荒れはじめる見込み。
雨水が車内に進入する現状まま台風を迎えるとシャレにならないかもしれないので、昨夕、ドアのサビ部に生じた穴とサビ落しで薄くなった箇所をパテで肉盛りしておきました。ホントは強度が欲しいところだけど、作業性を優先して Holts のコントールライトを選択。パテをざっと研磨してから、改めてサビキラーを塗布。

ううむ。
労働後のお茶は美味い。

一服したら、スチール缶を開いて均して素材化。

と、いったところまでは先月のうちに済ませてました。

そして昨夜、ウェザーストリップ固定部の測定結果を元に、部材を切り出して…

折り曲げて、補修部品化する。
万力を持ってて良かった…と、思える貴重な瞬間。

補修部品は、二重構造のL字型。ウェザーストリップ内側に潜り込むヘリには、破断予防のR出しと補強の意味も兼ねて針金を通してあります。二重にしたのは、もちろん強度を増すため。もともとが、手で簡単に曲げられるくらいヤワな飲料缶ですものね。成形後、耐水ペーパーで表面を荒らして、準備完了。

そして夜が明け、今日も今日とて降ったりやんだり。雲の流れが速くて、まったく気象予測がたたないため、束の間の晴れ間を利用した突貫作業を強行。

補修部品の底面部は、ウェザーストリップ底面の幅の約半分にしてありました。まずは、ドア側にセメダインの金属パテを盛り、補修部品を上から割り箸で押し付けながら位置と角度を調整しつつ固定。はみ出したパテをカッターで除去。パテがざっと乾燥して補修部品が動かなくなってから、補修部品がカバーしていない残り半分に金属パテを塗り足して、水を塗った割り箸を使って水平面作り。そしてまたパテがざっと乾燥してから、ドア側の破断部と補修部品両端の隙間をパテで結合。今日はココマデ。

構造面で懸念されるのは、パテの接着能力に依存している補修部品が、ドアの開閉で繰り返し受ける衝撃と圧力に耐えられるかどうか。さすがに今日は、バタン!と勢いよくドアを締める勇気はありませんでした(笑)。ともあれ、これで堤防が復旧し、本来の排水経路が確保されている、ハズ。横から叩き付ける雨にも大丈夫、なハズ。今回の対策が有効かどうかは、台風が通り過ぎてからのお楽しみ!と。

|後部ドアの浸水対策:#0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.