60cm水槽:大掃除、ほどでもないけれど。

年も暮れ、この1年を振り返ってみれば、はて、最後に EHEIM 2215 を洗ったのはいつだったっけ。てなことに気づいてしまったので、仕事を片付けてから水槽周りも清掃することにしました。ろ材の買い置きがあることですしね(ただ交換してないだけ)。

清掃手順は過去記事参照!ということで省略。思っていたよりはキレイでした。

お次はライブロックに茂った草むしり。指とラジペンでちぎっては投げ、ちぎっては投げ…。

そしてお次は Hydor コラリア NANO に茂った草むしり。は、キレイに取れなかったから途中でやめて、カビキラーで息の根を止めてからワイヤブラシでこそげ落としました。

ということで、本日の獲れ高。

水槽のガラスも、藻が貼り付いて特に汚くなっていた部分だけ集中して、サイフォンしながら粗スポンジでゴシゴシ磨きました(本格的にキレイにしようと思ったら、生体を隔離しなくちゃいけないので、手抜き!)。

かくして、そこはかとなくキレイになった事務所水槽。クリアな視界で、その寂しい景観があらわに…。現状、主立った生き物は、ミスジリュウキュウスズメダイ(5年)、クマノミ(4年)、バイカラードッティバック(1年弱)のみ。10月に導入したユビワサンゴヤドカリは、2週間くらい前に隅の方で動きを見かけてから、その姿を確認しておりません。あまりに寂しいから、ヤドカリでも追加しようかし

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.