DAIHATSU NAKED:インパネを染めQ。

昨夜までの雨予報が外れ、あんがい良い陽気になった今日の沖縄。仕事始めに備えて早起きの練習もしていたので(笑)、いい機会だから退色気味のインパネを塗装してしまおうと思い立ちました。

DIYショップでスプレーを買って、作業スペースの取れる事務所へレッツらゴー。以前、メーター球を交換したときの記憶でもって、インパネパーツを取り外し。

なんだけど、前回と違って、なんかやたらに簡単に外れる。おかしいなぁと思っていたら、ハザードボタン近くのフックが折れてグニャグニャに折り畳まれてました。

これはもうどうしようもないということで、カッターで根本から切断。

今回使用するスプレーは、全て染めQ。

シートバックトレイを塗ったときの残り物であるプライマー&ロイヤルグレーと、エスプレッソ・ブラウン、そして差し色としてチビ缶のワインレッドであります。

パーツは自動車用洗剤で脱脂。本来はシンナー等を併用すべきなんですけど、買い忘れてました。しかも、表面を荒らしてツキを良くするための耐水ペーパーを持ってくるのも忘れてたり。思いつきで動くから・・・。

ともかくも。キッチリ洗って十分に乾燥させ、適当にマスキングしてからプライマーを塗布。 シートバックトレイを塗った際、染めQって透明度が高い印象を受けたので(もともとが皮革の染色用ですけど)、黒部品に色を載せやすくする目的でロイヤルグレーを下地剤代わりに塗布。

そして「焦げ茶っぽい使用感のある牛革」を目指してベース色に選んだエスプレッソ・ブラウンだったのですが・・・。

これじゃ、チョコレート・ブラウンじゃん。

シートバックトレイを塗った時にも気になったのですが、皮革用の塗料のせいなのか、浸透性のないプラスチックでは見本色よりもカナリ明るい方に振られる印象があります。もっとも、ロイヤルグレーと絵の具の様に混ざってしまった可能性も否定できませんが(でもちゃんと乾燥させてたからなぁ)。

さりながら。いまさら後には引けないとレインボーマンの気持ちになって、ワインレッドを上塗り。染色ムラっぽい雰囲気を追加してみました。

さりながら。やっぱり、どう見てもプラスチックだなぁ(笑)。もう少しフラットな仕上がりになるものと内心期待していたんですけどね。クリアを吹くとテカテカとプラスチック感が増大するので(いずれにしたって買ってなかったし)、これにて一件落着。

クルマに取付けたところ。
恐れていたよりは、シックリ。

というよりも、当初アタマの中で描いていた渋いイメージより、これくらいビビッドな方がオモチャっぽい軽自動車に合っているのかも知れません(笑)。先に塗装済みのセンタークラスターやグローブボックスとのバランスも悪くないかな、と。

ワインレッドを加えて彩度を上げたことで、室内に回り込んでいる車体色とのバランスも良好(茶系が強いと沈んでしまうかと)。ちなみに、狙っていたのは「宇治金時」です。

そうそう。シンナー臭が少ないのは、染めQの美点ですね。

なお、車内で一番気になっているのは、エアバッグカバーとダッシュボードの色ズレ。いかにも陽に焼けました、実は材質も違うんです、みたいでイヤなのです。でもダッシュボード全体をドウニカしようとすると、エライ手間ですからね。諦め。

ただそれも、インパネが黒かったときにはモノクロ3段階調で目立っていたのですが、いまや赤茶のインパネに目が奪われる所為か、余り気にならなくなりました。

てことで、結果オーライです。準備の悪さで塗料のツキが心配ですが、まぁ、実際たいした手間でもありませんでしたし、剝がれたら(今度こそキチンと)塗り直してやればいいや、くらいの心持ちでおりまする。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.