ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2

梁からポタ餅、観てきました。
劇場で観たのは「アズカバンの囚人」だけで、あとはビデオやテレビでしたからねー。最後くらいはちゃんと足を運んでやろうかと。

3D版だとレイトショーの割引がないから、というセコい理由だけじゃなくて、過去の作品(世界観)を平面で見慣れているからという積極的な理由で2D版を選択。あちこち3Dを意識した画面構成もありましたが、全体のトーンが「スペクタクル映画」というよりも「戦争映画」に近かったので、2D版の方が落ち着いて観られたかなと結果オーライな感じでした。

で。性根の腐ったオトナである私にとっては、ストーリーに意外性が感じられなかったにせよ、面白かったですよ。いろいろ過去作品のネタを拾って、キチンとケリをつけてくれてましたし。たぶん、第1作からハリーと同じ年代で観続けていた人は、没入度が高いのだろうなぁと羨ましく感じるのだけれど、こればっかりは仕方ない。その代わり、私らは「スター・ウォーズ」がリアルタイムだったわけだし!

ちょと可哀想なのは、メガネ親父さんの扱われ方。
影が薄かっただけ、じゃなかったんだー。

もひとつ薄かったといえば、ロンの髪。
時の流れって、残酷。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.