学習リモコン: SONY RM-PLZ430D

買ってから4年を過ぎた BRAVIA のリモコンが、しばらく前から機能不全に陥りました。叩いたり電池をグリグリしたり、そんな生活に疲れたのでリモコンを買い替えようかと。いつもなら分解して基板上の接点を磨いて復活させるんですけどね。このリモコンはネジ留めじゃなくって、プラ勘合だけで固定されていたので、面倒になった次第。

で、どうせ買い替えるのなら床に転がっているリモコンたちを束ねてやろうかと、学習リモコン「RM-PLZ430D」を買ってまいりました。5つのデバイスを制御出来るモデルです。

設定したのは以下のデバイス。

・テレビ:SONY KDL-20S2000
・DVD/HDD:Pioneer DVR-RT700D
・BD Player:GREEN HOUSE GHV-BD110K
・アンプ:ONKYO A-905TX & C-705FX

テレビは同じSONYだから初期設定まま。DVD/HDDレコーダーは、リモコン側のメーカー別設定に若干の追加学習。BDプレーヤーは、さすがにパチもん(?)なだけあってリモコン側に設定がなく、一通り学習させました。アンプは、私のIntecでは初期設定ままだとほとんど意味なしだったので、ポチポチ手動設定。ついでにCDデッキの信号も覚えさせました。

ざっと使用した限りでは、多機能な割には覚えさせやすく使いやすいリモコンですね。ただし、信号が「操作1回につき送信1回」らしく、「音量」や「早送り」などオリジナルのリモコンでは「押しっぱなし」で制御するボタンが使いづらくなってしまったのが難点。特にアンプでは1回プッシュでの音量の変化量が極小なので、少しイラッとします。

とはいえ。フル操作をしたければオリジナルのリモコンを使えば良いだけですし、床にゴロゴロ転がっていたリモコンが1つになっただけでもスカッと爽快ってなもんです。さらに、ボタンに干渉せずにひっくり返して置けるのもポイント高いかな。朝起きたら犬がテレビを観ていたことが何度かあったので!

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.