明けましてイソギンチャクでございます。

昨年というか昨日、事務所水槽に投入したサンゴイソギンチャク。ストレーナーに吸い込まれたり、ヒーターで煮られたりしていないか不安だったので、元旦から詣でてきました。

そして生存を確認。ミスジリュウキュウスズメダイがたむろしている模造植物に近いのが気になるけれど、鑑賞上なかなかに良いポジションに(今は?)落ち着いております。

早くも新しい環境にも慣れたかのかな。位置取りだけではなく、触手の状態からして気分的にも(?)落ち着いている様に見受けられました。

底の方に陣取っているから、スカンクシュリンプあたりが食われたりしないか心配ではあるのですが、当人はヒトの気も知らずにイソギンの周囲を呑気に徘徊。ほかの連中はそこまで近づかない。カクレクマノミも近づかない。ま、カクレがイソギンに入るまでには日数がかかったり、そもそも相性問題もあるようなので、しばらく様子見ですね。

反対から見たところ。

魚の隠れ家としてクサビライシの骨格をてっぺんにしたヤグラを組んでいて、その天井裏に定着しています。いわばシャチホコのポーズ。

関節痛を知らぬヤツは幸せだわい。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.