ふ化。

卵を抱えていることに気づいて5/22に隔離したヤマトヌマエビの大盛りさん(その後、寂しかろうと並盛りさんも移植)。

黒かった卵が段々白っぽくなっていくのが、果たして吉報なのかどうなのか分からないまま(私ゃエビのことは良く分からんですたい)、やきもきとした時が過ぎておりました。

が。今朝、出勤してみたら、幼生たちが大盛りさんの抜け殻の周囲をマリンスノーのように漂っていました。わーい♪
(→YouTube

さっそく、用済みのエビたち(笑)をヨシノボリ水槽に戻し、やや薄めになるように作った人工海水を保育水槽に注入! (計算上は60%海水)

※ちなみに、並盛りさんも5/31に脱皮。いずれも前回が5/15〜20頃でしたから、2週間程度で脱ぐんですね、このヒトたち。条件が良ければ。

試しにヨシノボリ用に買ったエサ(テトラミン)を指で崩して撒いてみたのですが、見るからにプランクトンたる幼生たちが食いつきそうもない。そこでメダカの稚魚用の、ほぼ粉末状のエサを買ってきました。

ツンツンと動く幼生の姿を眺めてみるに、案外、アタリだったかも。

と、仕事中に独りほくそ笑んでおりましたとさ。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.