奥武島deてんぷらー。

今日は社長の運転で南部のクライアントと打ち合わせ。全スタッフ(って3名だけど)で動いていたので、これで事故ったら我が社は設立早々一巻の終わり。なのだけれど、取締役2名は無責任に社長をいじっておりました(笑)。

打ち合わせ後、昼ご飯をしたためてから向かったのが、奥武島(おうじま)。ここのてんぷらが旨いらしい。

土曜の昼下がりということもあってか、なかなかの行列。おおむね1個60円。ためしに「さかな」「イカ」「いも」「もずく」「野菜」を1つづつ買いました。昨秋、SUP上がりで立ち寄った都屋漁港のてんぷらよりも衣が軽め(って写真がなくってごめんなさい)。さっそくイカを食べてみたら、旨い。肉がとろっとろ。続いていも(紅芋)も美味しくいただきました。別にどぅってことのない食べ物なのになー。残りは晩飯で天丼に。なんて安上がり♪

奥武島に入るときに「えっ?」と奇声を発して運転手さん、いや社長を驚かしてしまったのが、奥武島の入口にある橋の架け変わりつつある姿。奥武島には学生時代に授業と部活(ダイビング部)で割と訪れていたのですが、この橋、地元の子供たちの欄干から海に飛び込む姿が風景の一部だったのです。・・・子供たちだけでなく大学の同級生も飛び込んでいたけれど(笑)。

新しくなったら、安全がどうのこうので飛び込みづらくなるんでしょうかね。
なんか、そういうの、イヤだなぁ。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.