DAIHATSU NAKED:栄光のエンブレム

おととい買ってきたネイキッドの純正エンブレム。目の前にあると貼りたくなってしまうもので、昨日の午前中に作業を済ませました。自宅営業自営業の面目躍如ってやつです。

左は作業前の写真。
破れたフスマのような姿がイヤでした。

ステッカー用リムーバー液を染み込ませながら、プラスチックのスクレーパーでゴシゴシ。

粘着部は強敵だったので、まずは上層のプリント部から攻めました。それでも難敵。

小1時間後、剥離作業完了。
「DAIHATSU」部は、面倒くさくなったので放置。

私のネイキッドは9年前の車両(H12)ということもあって、塗装面の劣化が進んでいるのでしょう。エンブレムで保護された部分と周囲との間に段差が生じていました(シール部が凹)。そこで境界線をコンパウンドでできるだけ滑らかに。写真は「細目」で研磨した段階の模様です。周囲に傷がつくほどコスリ過ぎても(涙)、段差は解消されず。このあと、鏡面仕上げ用コンパウンドで表面を整えました。

そして、エンブレムを貼付け!
やっぱ、新しいパーツは美しいなー。

でも、古いシールの跡から2mmほど左にズレている。転写シートは半透明であるものの、ハガシ跡が見えるほど透過性が高くはなくって、視認作業といいつつも半分以上「勘」だったのです。まぁ、上下にズレたり、斜めにならなかっただけ、マシかー。実際、近寄らない限り目立たないし。と、自らを納得させました。

ちょと離れると、あれ?鳥がいる。

SUPショップ「ハッピースタンダップ」のステッカーでした(笑)。

師匠、こんなんでえぇか?

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.