Anker SoundCore 2:確かに、改善版。

3年前にテレビの音を手元で聴く目的で購入した初代 SoundCore は、ここ1年半くらい iPad mini と連携した作業中の音楽再生機としての役割を担っておりました。それが、この春先あたりからバッテリー稼働時間が不安定になりまして。単純に充電池の寿命かもしれないし、あるいは、端子やケーブルの通電不良でキチンと充電されない時があるのかもしれないけれど、購入から3年経つしボチボチ頃合いなんだろうと、買い替えることにしました。

初代 SoundCore のコストパフォーマンスには満足していたので、同じ製品でのリプレイスもチラと考えたものの、後継機 SoundCore 2 の存在を知ったのでソチラをポチ。

初代に対し二代目は、定格出力が倍増し、堅牢性が増し、その他もろもろがアップデート。現物を比較したところでは、周囲を囲むゴム厚が増し、重量が増したほか、ボタンのクリック感が明瞭に。初代では本体正面と右側面に配されていた LED が上面に集約され、ステータスを一目で把握できるようになったのは良いですね。堅牢性(耐水性)向上に伴い、むき出しだった外部端子部がフタつきになり、私のような室内での無線オンリー使用では充電のたびにフタを開け閉めする手間が増えちゃったよオイ、な感じです。

初代利用中は、作業中に音楽がなくなるのがイヤだったものだから、使用中に充電するような状況もあったのですけれど、これ、メーカーが言うところの「バッテリーを傷めるからダメ」な使い方。そこで現在は、二代目をメインに据え、二代目充電中は初代で引き継ぐようなリレー方式で使ってます。

そんな次第で、日常的に両者の音を聴き比べることになったわけですけれど。二代目の音、イイっすよ。初代は小さい筐体で無理矢理ズンドコ鳴らしている印象があったのですが、二代目は中低音の厚みが増し、ベースの音が気持ち良く響くような、より自然で暖かい音色になってます。コンポ的な「ステレオ感」がないのは相変わらずですけどね。

結論といたしましては。余は満足じゃ、と。

【追記:1ヶ月使ってみて】

  • 初代と比べ、Bluetooth 接続完了から再生ボタンがアクティブになるまで少し間怠い
  • 初代と比べ、バッテリーの持ちが悪い印象

どちらも比較しなけりゃ気にならないレベルでしょうけどね。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.