カラーBOXにCDを収めやすくする作戦

シングル曲はファイル購入するのだけれど、アルバムとなると未だCDで購入してしまう私。沖縄に引っ越してくる際に、思い入れのあるCDと圧縮音源では聞きたくないアルバムに絞って持ってきたとはいえ、さすがに10年も経つと数が増え、CDラックでは収まり切らずにAVラックの引き出しにまで進出。さりながら、保管場所が分断されたり、引き出しに姿が隠れてしまうと、「何気なく」CDを手に取る機会が少なくなるものでして…。

そこで、6段カラーボックスの中身を整理して、CD収納区画を設けることにしました。

ホームセンターさくもとで、長さ910mm、幅150mmと30mmの集成材を2セット購入、お店で切断。

仮配置。あれ?上段にCDが入らない。
いけね。幅 140mm の板を買うつもりでいたんだった! かてて加えて、想定よりも板材が厚かったり…。
なんたるアバウト。

改めて現物で寸法を確認してみたら、棚の足場になる部材は幅 130mm が適正値でした。

よって、20mm ぶん切断せねば。

しかし、悲しいかな、手元には木工工具がほとんどない。やむなく、金ノコを手にする。が、てんで切れやしない。

金ノコに見切りをつけて、そそくさと木工ノコギリを買ってくる。さすが、モチはモチ屋。サクサク切断。

…こうやって、工具が増えて行くんだよなぁ。

なお、その後構造を見直して、この作業で生じた端材を下段の奥行き調整用部品として活用することにしたので、買い間違いが結果オーライに。

改めて、仮配置。
手で切断した箇所はキレイな平面ではないし、年季の入ったカラーボックスの底面・側面の板も歪んでいるとはいえ、直方体の枠の中いっぱいに直方体の部材で直方体の構造物を形作るおかげで、部品をただ置いただけでもイイ塩梅の安定感。

そこで、上段に置くCDの後方落下防止用の細木だけ釘うちして、他は固定せずにCDから受ける圧任せにしました。ずさんな手抜き工作、ですな。

特に上段には高さ方向の遊びがほとんどないため、CD を取り出す際にケースの上角を指で押し下げながら斜め下方向に抜き出すイメージで、CDが棚板から1cmほど前にはみ出でる位置に細木を固定。

それから、ざっとヤスリがけ。ケースを取り出す際の支点となる棚板正面の上辺角は、面取りするつもりで滑らかに。

2セット組んで、CDを並べたところ。
上述の通り、高さ方向の余裕がほとんどないので、どっかの元春とか、どっかのスプリングスティーンとかでありがちなイレギュラーサイズのアルバムは平積み保管。

取り出し易さを優先すると、どうしてもカラーボックス前面ツラ位置合わせになってしまい、見た目がいささか五月蝿くなってしまうのが残念。ホントは、上下段で奥行き違いにしたかったんですけどね。ま、しゃあないか。

ということで。実家にCDデッキとやらが初めて現れた昭和の頃から使われてきたCDラックとも、これでオサラバ。長きに渡り、お疲れさま。

ちなみにコレ、カセットテープ関連商品でお馴染みの TAPEX ブランド、モノからすると今では余り考えられない Made in Japan、ガラス面には誇らしげに音楽CD収納を宣言する Compact Disc Digital Audio ロゴ。時代を感じさせる要素が詰まってますな(笑)。

【追記】その後、カラーボックス のCD置き場をカイゼンしました

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.