PENTAX K-S2:王様のハンドストラップ

しばらく前から、20年前に使っていたショルダーストラップを K-S2 に取付けて持ち歩いていたわけですが。

なんかこう、日常的な写真を撮るにしては仰々しくなるというか、せっかくコンパクトな K-S2 を使っているのに気軽さに欠けるように感じられて、ハンドストラップに付け替えることにしました。って、10月初めのことですが…。

オトナの気分としては、キャメル色した本革ハンドメイドにしたいところだったのだけれど、そうなるとソコソコの金額を現物確認できない通販で支払うことになってしまう。それもどうかと思ったので、無難な価格の無難な商品を使ってみて、まずは一本吊りの革製ハンドストラップとやらの使用感を試してみようかぇというオトナの思考を優先することにしました。

そして選んだのが king の本革製ハンドストラップ ブラック(CCHS-01)。キングの商品って、学生時代にフィルムの保管アルバムを買って以来かも…。

カメラに取付けるベルト部分の幅は 8mm。
一般的な一眼用ストラップは 10mm なので、ちょっと頼りない印象。

K-S2 に取付けたところ。
見た目のバランスでは、取っ手部分が長過ぎるかな。
(装着レンズは SMC DA 21mm Limited)

ただそれも、手首に巻くとちょうど良い感じ(ハンドストラップなんだから当たり前!)。

一方で、カメラ本体を掴んでいないと、結構な重さが手首にかかるわ、ストラップが長い分だけ振り子の様に揺すられるわでヤな感じ。実際「ハンドストラップ」というより「落下防止ストラップ」かなぁ。それにしては仰々しいんだけど…。

てな具合で、あんまり印象は良くなかったのですが、そのうち馴れてしまいました。いまは犬連れのときはストラップを手首に巻き、一人の時は巻かずにカメラを直持ちしています。そんな使い方をしている限りストラップを邪魔に思うこともなく、値段の割には質感も良いこともあって、イイ買い物をしたのかな、といった心持ちでおりまする。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.