車検の密かな愉しみ

中古のネイキッドを購入してから丸4年が経とうとしている今日この頃。つまるところ二度目の車検であります。

乗り続けることに決めて、エンジンマウントやショックアブソーバーを交換したのは良いけれど、それだけでは済まないのが生後13年目のクルマ。車検ついでにアチコチいじってもらうことにしたら、結構な重整備と相成りました。ということで、先週から代車生活を送っております。普段と異なるクルマに接するイイ機会♪

最初の代車は、一世代前のハイルーフ仕様のエブリイ バン(もちろんAT車)。内装がチャチくてボロいのはさておいても中は広大だし、3速ATは低速よりで加速が良いし、おまけに思いのほか重心が低くてコーナーでも安定して走れたのが印象的でした。

ただやっぱり、タイヤハウスに圧迫されて、足元が狭い。狭いだけならまだしも、足を少し斜めにしないと正しくペダルを踏めない点は、少しヤな感じ。

次に買い替えるなら、ハイゼットカーゴのデッキバン(もちろんMT車)あたりでもいいかなーという考えがチラとあったのですが、同じようなペダルレイアウトで、しかもクラッチペダルつきとなると、さすがにセセコマシイのは明白。腰痛持ちには向かないクルマでありましょうな・・・。残念。

そして、昨日からの足となっているのが、 H14年式ミニカの乗用タイプ(もちろん、しつこいくらいにAT車)。以前、ひとつ前のミニカ・タウンビーを代車として借りた時に小気味よい走りに感心したのですが、この型も同様ですね。重心の低さと3ATの組合わせ、そして固めの足回りは、街中走行で気持ちよいです(燃費は悪そうだけど)。

また、運転席側のパワーウィンドウ・スイッチが全席AUTOつきだったりするあたり(ネイキッドでは運転席のみAUTO)、妙なところで親切に作ってるなぁ、と。一方で、ハイビーム操作がレバーを引くとハイビームになって、再度引くとロービームに切り替わる仕様で、たまたま1回パッシングしたあとにハイビームに固定されていたことに気づいて少し慌てさせられたりと、妙なところで余計なお世話だなぁ、と。

ま、総じて、後席に人を乗せることも大きい荷物を積むことも忘れて、人間二人とちょっとした荷物を運ぶクルマとして捉えれば、こうしたベーシックな軽自動車もアリでしょうね。なんたって、気軽ですもの。

話題は変わりますが。

さいきんTPPとの絡みで軽自動車の税制面の優遇措置を見直そうだの、そのバーターで輸出目的に排気量やサイズなどの規格を拡張させようだのって話があるようで。私的には、維持費が多少上がるのは構わないけれど、大きくはなって欲しくないですねぇ。今のサイズだからこそ気軽に扱えるシチュエーション、けっこう多いですから。

てか、昭和感覚では十分デカイです、今の軽(笑)。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.