DAIHATSU NAKED:ドア内張り固定フレームの整備、ちゅうか。

先週、ドアトリムのネジを交換した時に発見した、左後席の内張り固定用フレームのガタツキ。ガラス部のウェザーストリップを交換して間もなかったこともあり、また取り外すのヤダーな気分だったので見なかったことにしました。

なんだけど、ウェザーストリップが新鮮なうちに作業した方が破損する可能性も低い訳で、陽気に誘われて作業開始! 案ずるよりも産むが易しというか、割とサクサクとドアトリムの取り外しを終えました。

ガタついていたフレームを見てみると、ネジが1本ないわ、別の1本は半分がた抜けかけているわ、あんまりな状態。おまけにフレーム自体もサビがキテるし・・・。

ということで、フレーム本体をどうにかしてやろうという気になりました。
まずはサビ取りクリーナー! 

てか、内側を見るとほどんど鉄くず(笑)。いずれにせよ、サビを完全に除去するのはムリだろーな状態だったのでテキトーに。

それから、ブレーキクリーナーで洗い流してテキトーに脱脂して、シャーシーブラックでテキトーに塗装いたしました。

だって目に触れない部品だもん。サビの侵攻を遅らせることができればイイんだもん。

欠損したネジは、余り一般的でない代物だったので、純正品を買いにいったら店内在庫なし。ウェザーストリップと内張りの取付け取外し作業を繰り返す気力もなかったので、DIY屋で似たような品を探すことにしました。

付いていたネジは、六角プラス頭のワッシャーつきタッピングφ6×約15mm(写真・左)。DIY屋で売られているタッピングネジで近いのは、トラス頭のΦ6×20mm。頭はともかく足が5mmも長いのが気がかりポイント。

ドア内部に5mmも余計にネジが突き出るのはキケンな香りがしたので、スプリングワッシャーと平ワッシャーを交互に2段かませて、頭側で長さを調整することにしました。

それに、六角で締め付けるようなトルクをかけるネジということは、ドライバーだけで締め付けると再度外すときに山を潰しかねないですから、ワッシャーが多いのは気休めかもしれないけれど良いんじゃないかなぁ、と。

なんだけど、ウェザーストリップが新鮮なうちに作業した方が破損する可能性も

フレームを取付けたところ。
幸い、ネジが突き出た分は干渉なしにドアトリムを組みつけられました。

このドアは、ドアトリム固定ネジがサビきっていたドアなので、フレームが同じ様にサビてても不思議はない、とはいえ。

他でも同じ様に、劣化が進んでいるんだろうな・・・。
と、思った矢先のこと

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.