ANTI RED 〜1ヶ月後〜

第1水槽に湧いた藍藻退治のために、カミハタ「ANTI RED」投入から約1ヶ月が経ちました。投入後は、ほぼ毎週20L換水しています。

左は、投入前の写真。

そして、現在の状態。

ANTI REDの説明書には効果が1ヶ月続くと記されています。相変わらず底砂とガラスの接触面には藍藻が潜んでいますが、今なおその他の箇所に藍藻の進出は見られず。効果絶大!って感じではありますが、投薬後から秋口になって水温が下がったり(28→26℃)、スキマーを入れたりパワーヘッドで水流を変えたりしているので、投入初期の効能はともあれ「現状維持」は複合的な要因の結果ではあるのでしょう。

この間、水槽内では・・・

・ミズタマハゼ★
・ホヤらしき生物★(写真)
・マクガイ2個体★
・モゲた傘からナメクジの様にガラス面を這い回っていたウミキノコが行方不明
・モゲた傘からキノコ状に1cmくらいまで復活していたウミキノコが行方不明
・幹だけになって藍藻に包まれ死んだと思っていたウミキノコが復活の兆し
・ほかのサカナたちは、至って元気。

前述の通り、設備に変化を加えているので複数の要因が複合的に絡みあっているとは思うものの、なんとなーく、ホヤと貝の★はANTI REDとの因果関係が強そうな気がしています。

ま、薬品を使わないで済む、イイ環境を維持したいもんですね。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.