急がば回るな

昨日の15:15ころ。羽田空港に向かうため、都営地下鉄 大江戸線は大門駅で降りました。いつもならJR浜松町駅に上がってモノレールを使うところ。しかしながら、地下鉄の改札に向かってポケーっと歩いているうちに浅草線のホームに辿り着き、たまたまソコに「急行 羽田空港」と額に記した京浜急行乗り入れ列車が到着したのです。

地下から高架まで上らないで済むのは、沖縄では考えられない歩行移動に疲れた私にとってはすごく魅力的。しかも急行だもん、すぐに着くんだろうと深く考えずに乗り込んだのが運の尽き。「羽田空港国内線ターミナルの到着は15:49を予定しております」という車内アナウンス。あのー、帰りの便は16:05発なんですけど。

電車は予定通り、到着。無駄かなーと思いつつも、一応は受付カウンターまでひた走り。スタッフ曰く「すみません、5分前に搭乗手続きを締め切ってしまいました」。ということで、携帯で格安当日券を手配して、別の便で帰って参りました。いやはや。こーゆー乗り遅れは、中学の修学旅行以来じゃわい(このときは上野集合に間に合わず、大宮で皆に追いつきました(笑))。

しっかし、京浜急行の路線を思い浮かべてみりゃ、モノレールより距離が長くなるのは当然のことなんだけれど、「急行」の二文字に騙されたなー。急行らしかったのは中盤だけで、あとは各駅停車だもの。その分、帰り道の自車移動は急行気分で(笑)。

ま、久々にスカイマークの狭い機体ではなく、747でノビノビと過ごせた点は良かったかな。

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.