佐野元春『Live Anthology 1980-2000』

佐野元春のライブクリップ集DVD。たぶん4年前の20周年記念のときに発売されたものだと思いますが、しばらく前に価格改定して(2枚組¥3,300)再販されたものを購入しました。

私はアルバムを買ってもアーティスト個人には興味を持たない場合がほとんどで、せいぜいアルバムについている「解説」だけで満足してしまうタチです(もっとも、その解説すらないとイヤなので、洋楽でも輸入盤は買わないし、ほとんど解説のつかない邦盤については欲求不満なのですが)。そんなわけで、アーティストの音楽以外のキャラクターが試されるライブ盤(ましてやライブ映像集)まで買おうという衝動は、あまり生じないのですね。

そんな私がこのDVDを買ってしまったのは、『The Sun』についていたオマケDVDで映し出されていた「収録ウラ風景」が面白く感じられて、「んじゃ、本番(ライブ)ではどうなんだろう?」という興味を覚えたから(元春ライブは未経験なのです)。さらに前述の通り、2枚組DVDのクセにCD1枚並の価格である点にも、主夫的な秘孔を突かれてしまったのですが。

さて、ようやく本題。このライブ映像集は過去20年の数あるライブシーンから1曲1曲ピックアップされたミュージッククリップ的な造りになっています。ある曲が発表されたときのリアルタイムな演奏曲もありますが、後年に再演した曲も入り交じっていたり、また元春のファッションの変遷やアレンジの違い含めてなかなか楽しい内容ですね。実際、私はテレビ放送でライブ番組とか眺めていると途中で集中力が切れてどーでもよくなること度々なのですが、このDVD映像(特に1枚目”FACT ONE”)は最後までキッチリ楽しめました。

その中でも特に良かったのが、アレンジをガラッと変えた「99ブルース」と「ニュー・エイジ」。これ聴けただけでも満足かなー。あとはライブならではの「悲しきレイディオ」もナカナカ。元春自身に対しては、スーツを脱いで着古したシャツ(新しいシャツ?)を身にまといはじめた90年代以降の方が、私的には好印象。というか、80年代のスタイルはキライ。当時、声を聴くだけにして良かったと、つくづく思いました(笑)。

もともとライブ映像集なんてファンアイテム的な要素が強いですけれど、割安な価格設定含めて、多少なりとも元春に興味を惹かれた(ことのある)人にも楽しめる内容なんじゃないかと思います。かく言う私は、『The Sun』ツァーに行こうかという気になってしまいましたとさ!

Copyright ©2022 新たまねぎ小屋 All Rights Reserved.